Linux環境でのバックアップ

Linux環境で、データをバックアップします。
  1. Step1
    メンテナンス時間を設定します。
    1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
    2. [システム設定]をクリックします。
      ヘッダーの画像
      システム管理用パスワードを設定している場合は、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。
    3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
    4. 「運用管理」セクションのメンテナンス時間をクリックします。
    5. メンテナンス時間を設定します。
      設定方法の詳細は、メンテナンス時間の設定を参照してください。
  2. Step2
    スケジューリングサービスを停止します。
    詳細は、スケジューリングサービスの停止のLinux環境の場合を参照してください。
  3. Step3
    必要なデータをコピーし、外部媒体などに保存します。
    必要なデータについての詳細は、バックアップの対象を参照してください。
    バックアップファイルを「/backup」に置く場合の例は、次のとおりです。
    # cd /var/local/cybozu/office/cbag/cb5
    # cp -R data /backup/
    # cp -R file /backup/
    # cp -R log /backup/
    # cp -R module /backup/
  4. Step4
    スケジューリングサービスを開始します。
    詳細は、スケジューリングサービスの開始のLinux環境の場合を参照してください。
  5. Step5
    メンテナンス時間を解除します。
    詳細は、メンテナンス時間の解除を参照してください。
  6. Step6
    サイボウズ Office 10にアクセスします。