申請の一覧画面の見かた

ワークフローの画面を表示するには、アプリケーションメニューで、 ワークフローをクリックします。
重複するパーツの説明は省略します。
補足
  • ワークフローでは、自分が作成した申請データと、自分が処理者に設定された申請データのみ閲覧できます。これらの条件を満たさない申請は閲覧できません。また、検索対象にも含まれません。

最新一覧

次の申請データの一覧が表示されます。
  • 未処理一覧:
    次の条件に該当する申請データです。
    申請番号が小さい順に表示されます。
    • 自分に処理の順番が回ってきている。
    • ユーザーが処理する前に、削除・却下されている。
    • ユーザーが処理する前に、経路が変更されている。
    • ユーザーが処理する前に、差し戻されている。
    • ユーザーが処理する前に、運用管理者によって代理確認されている。
  • 結果一覧:
    自分が作成した申請データの内、決裁または却下された申請データです。
    決裁または却下された日時が古い順に表示されます。
最新一覧を説明する番号付き画像
番号 説明
1 申請するボタン:
申請データの作成画面が表示されます。
2 [運用管理]のリンク:
運用管理者に設定されているユーザーの画面に表示されます。
3 検索パーツ:
キーワードを入力し、ワークフロー検索をクリックすると、データを検索します。
[詳細検索]をクリックすると、「ワークフローの詳細検索」画面が表示されます。
4 未処理一覧:
  • 番号:
    システムによって自動的に設定される申請番号です。
    システム管理者の設定によって、表示されない場合があります。
  • 申請フォーム名(標題):
    使用している申請フォームの名前と、申請データの標題です。クリックすると詳細画面が表示されます。
  • 状況:
    申請の現在の処理状況です。
  • 申請者:
    申請データを作成したユーザーです。
  • 申請日:
    申請データを提出した日付です。
5 決裁/却下者:
申請データを決裁、または却下したユーザーです。
6 結果一覧から削除する
結果一覧から、選択する項目を削除します。
結果一覧に表示されている項目を削除するには
結果一覧では、表示された申請データを確認しても、表示は削除されずに残ります。
表示を削除する場合は、削除する項目を選択し、結果一覧から削除するをクリックします。
結果一覧から表示を削除しても、申請データ自体は削除されません。再度閲覧する場合は 送信一覧をクリックします。

送信一覧

自分が提出した申請データの一覧が表示されます。
申請の状況にかかわらず、提出済の申請データが表示されます。
申請番号が大きい順に表示されます。
送信一覧の画像

受信一覧

自分に処理の順番が回ってきた申請データの一覧が表示されます。
申請番号が大きい順に表示されます。
受信一覧の画像

下書き一覧

下書きの申請データの一覧が表示されます。
新しく下書きに保存された申請データから順に表示されます。
下書き一覧の画像