申請を提出するまでの流れ

申請は、管理者が準備しているひな型(申請フォーム)を使って作成します。
申請フォームには、どのような内容を入力するか、レポートライン(経路)に誰を設定すればよいかなど、申請に必要な情報が用意されています。

  1. ワークフローをクリックします。
  2. 申請するをクリックします。
  3. カテゴリを選択し、目的に合った申請フォームをクリックします。
    申請フォームを選択している画像
  4. 申請内容を入力します。
    表示される入力欄は、手順3で選択する申請フォームによって異なります。
    • 「*」: アスタリスク付きの項目は、必須項目です。必ず入力してください。
    • 「#」: ハッシュマーク付きの項目は、数値項目です。半角数字を入力します。

    手順4以降では、「備品・消耗品購入届(単品)」の申請フォームを使う場合を例に説明します。
    備品・消耗品購入届の申請フォームの画像
    補足
    • ファイルを添付する場合:
      ファイルを開いたままの状態でファイルを添付すると、申請内容に表示されるファイルサイズが0byteになる場合があります。添付するファイルを閉じてから、ファイルを添付してください。
    • 路線を検索が表示されている場合:
      入力欄に路線を検索が表示されている場合、ネット連携サービスを利用して路線や運賃を検索できます。
      操作方法の詳細は、ネット連携サービスの路線検索を参照してください。
      路線ナビのイメージ画像
    • 日付項目:
      「年」には、必ず半角数字を入力してください。
      日付項目は空欄でも申請できます。ただし、必須項目である場合は、日付を入力してください。
  5. 入力した内容を確認し、次に、経路を設定するをクリックします。
  6. 申請データの処理者を設定します。
    申請フォームによって、表示される処理の順番や役割が異なります。
    申請者は処理の順番を変更できません。
    処理者として該当するユーザーがいない場合は、(省略)を選択します。
    ただし、決裁の経路には、必ずユーザーを設定する必要があります。
    「役割」欄には、処理者の役職や役割が表示されます。
    経路を設定している画像
  7. 処理者を確認し、次に、内容を確認するをクリックします。
  8. 申請内容を確認し、申請するをクリックします。
    内容の確認画面の画像
    申請が提出され、「送信一覧」画面が表示されます。申請データの状況は「進行中」となり、一覧の先頭に表示されます。
    また、最初の処理者に更新情報が通知されます。
    送信一覧画面の画像
申請を再利用する
自分が作成した申請データの内容を再利用して新規の申請データを作成できます。
詳細画面で再利用するをクリックし、申請内容と処理者を設定し申請データを提出します。
再利用する操作リンクが赤枠で囲まれた画像