個人フォルダのごみ箱の設定

ごみ箱は、削除したデータを一時的に保存するフォルダです。ユーザーごとに、ごみ箱を使用するかどうかを設定できます。
初期値では、ごみ箱の機能は有効に設定されています。

ごみ箱機能の仕様

ごみ箱を使用する場合と、使用しない場合の違いについて説明します。
ごみ箱を使用する場合
メッセージ、メモから削除されたデータは、ごみ箱に移動され一定期間保存されます。
ごみ箱に保存されている期間であれば、データの閲覧や復旧ができます。 ただし、ごみ箱のメッセージに対しては、次の操作はできません。
  • 本文や宛先の変更
  • コメントの書き込みや削除
  • 更新通知の設定変更
  • 「トップに出す」操作
ごみ箱を使用しない場合
メッセージ、メモから削除されたデータは、操作した時点でシステムから完全に削除されます。
削除したデータは元に戻せません。
ごみ箱のデータが完全に削除されるタイミング
ごみ箱のデータは、次のタイミングでシステムから完全に削除されます。
  • ごみ箱のデータを手動で削除したとき
  • ごみ箱の保存期間が経過している場合に、次の操作をしたとき
    • メモの場合:
      • メッセージ、メモのいずれかを別のフォルダに移動したとき
      • メッセージ、メモのいずれかを削除したとき
      • メッセージを送信したとき
    • メッセージの場合:
      • メッセージを別のフォルダに移動したとき
      • メッセージを削除したとき
      • メッセージを送信したとき

ごみ箱を有効にする

ごみ箱の機能を有効にすると、個人フォルダにごみ箱が表示されます。削除したデータを一時的に保存できるようになります。
  1. ヘッダーの右側の[ユーザー名]をクリックします。
  2. [個人設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. 「各アプリケーション」セクションの個人フォルダをクリックします。
  4. ごみ箱をクリックします。
  5. 「ごみ箱機能を使用する」を選択します。
  6. ドロップダウンリストから、ごみ箱にデータを保存する日数を選択します。
  7. 設定するをクリックします。