個人フォルダ内のフォルダの設定

個人フォルダのデータを分類するフォルダを設定します。

フォルダを追加する

追加したフォルダは、ルートフォルダ配下に、受信箱や送信箱と同じ階層に配置されます。
受信箱や送信箱のサブフォルダとしては配置できません。
  1. 個人フォルダをクリックします。
  2. フォルダを追加するをクリックします。
  3. フォルダ名を入力します。
  4. フォルダを追加する位置を、ドロップダウンリストから選択します。
    選択肢には、ルートフォルダと、ユーザーが作成したフォルダが表示されます。
    フォルダを追加する位置を選択している画像
  5. 必要に応じて、フォルダに関するメモを入力します。
  6. 設定内容を確認し、追加するをクリックします。

フォルダの表示順を変更する

フォルダの表示順を変更します。
受信箱、送信箱、下書き、ごみ箱の表示順は変更できません。
  1. 個人フォルダをクリックします。
  2. 表示順を変更するフォルダを選択し、フォルダの順番変更をクリックします。
    • 受信箱と同じ階層のフォルダの表示順を変更する場合:
      受信箱と同じ階層のフォルダの表示順を変更する場合のイメージ図
    • サブフォルダの表示順を変更する場合:
      サブフォルダの表示順を変更する場合のイメージ図
  3. 表示順を変更し、変更するをクリックします。

フォルダの情報を変更する

フォルダの情報を変更します。
ごみ箱フォルダの情報は変更できません。
  1. 個人フォルダをクリックします。
  2. 左ペインから、変更するフォルダを選択します。
  3. その他の操作フォルダの詳細をクリックします。
    その他の操作のフォルダの詳細の操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  4. 「フォルダ情報」セクションで、変更するをクリックします。
  5. 必要な項目を変更します。
    • 受信箱、送信箱、下書きフォルダの場合:
      「メモ」のみ変更できます。
    • ユーザーが追加したフォルダの場合:
      フォルダ名、フォルダの位置、メモを変更できます。
  6. 設定内容を確認し、変更するをクリックします。

フォルダを削除する

フォルダを削除します。
受信箱、送信箱、下書き、およびごみ箱フォルダは削除できません。
注意
  • 削除するフォルダ内のデータと、サブフォルダについて
    フォルダを削除すると、そのフォルダ内の全データと、配下のサブフォルダが削除されます。
    削除されるデータの扱いは、ごみ箱を使用しているかどうかによって異なります。
    • ごみ箱を使用している場合:
      フォルダを削除すると、フォルダ内のデータと、配下のサブフォルダ内のデータは、ごみ箱に移動されます。 サブフォルダ自体は、削除されます。
    • ごみ箱を使用していない場合:
      フォルダを削除すると、フォルダ内、および、配下のサブフォルダの全データが完全に削除されます。

フォルダの詳細画面から削除する

フォルダの詳細画面からフォルダを削除します。
  1. 個人フォルダをクリックします。
  2. 左ペインで、削除するフォルダを選択します。
  3. その他の操作フォルダの詳細をクリックします。
    その他の操作のフォルダの詳細の操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  4. 「フォルダ情報」セクションで、削除するをクリックします。
  5. 確認画面で、削除するをクリックします。

個人フォルダの一覧画面から削除する

個人フォルダの一覧画面からフォルダを削除します。
  1. 個人フォルダをクリックします。
  2. 左ペインで、削除するフォルダを選択します。
  3. その他の操作フォルダを削除するをクリックします。
    その他の操作のフォルダを削除する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  4. 確認画面で、削除するをクリックします。