フォルダの設定

ファイルを分類するフォルダを設定します。
フォルダは階層表示に対応しています。

フォルダ構成

ファイル管理のフォルダ構成は、次のとおりです。
フォルダ構成を説明する番号付き画像
番号 説明
1 (ルートフォルダ):
初期値として設定されているフォルダです。
フォルダのツリー表示の最上位に位置づけられています。
フォルダ名の変更やフォルダの削除はできません。
2 組織フォルダ:
システム管理者が設定する組織の情報を元に、自動で作成されるフォルダです。フォルダ名は、組織と同じ名前が適用されます。
組織フォルダの配下には、ファイル管理のみで使用できるサブフォルダを追加できます。組織情報や他のアプリケーションにはサブフォルダの情報は反映されません。
3 任意のフォルダ:
ユーザーが任意で追加するフォルダです。
ファイル管理でのみで使用します。

フォルダを追加する

ユーザーがフォルダを追加する手順を説明します。
注意
  • システム管理者によって、ルートフォルダに対するアクセス権が「閲覧のみ」に設定されているユーザーは、ルートフォルダの直下に、ファイルを追加できないだけではなく、フォルダを作成することもできません。
    フォルダを追加できない場合は、権限のあるユーザーに作成を依頼するか、システム管理者に権限を付与するよう依頼してください。
  1. ファイル管理をクリックします。
  2. 追加先のフォルダをクリックします。
  3. フォルダを追加するをクリックします。
    フォルダを追加する操作リンクが表示された画像
  4. フォルダ名とメモを入力し、追加するをクリックします。
    フォルダの追加画面の画像
    追加したフォルダは、追加先のフォルダのサブフォルダとして最後に表示されます。
    追加されたフォルダの画像
フォルダの表示順について
ユーザーが作成しているフォルダやサブフォルダのみ表示順を変更できます。
ルートフォルダや組織フォルダでは表示順を変更できません。
表示順を変更するフォルダの親フォルダを選択し、その他の操作フォルダを順番変更するをクリックします。
フォルダを順番変更する操作リンクが表示された画像

フォルダを変更する

フォルダ情報を変更する手順を説明します。
  1. ファイル管理をクリックします。
  2. フォルダ情報を変更するフォルダをクリックします。
  3. その他の操作フォルダの詳細をクリックします。
  4. 「フォルダ情報」セクションで、変更するをクリックします。
  5. フォルダ名やメモを入力し、変更するをクリックします。
    変更できるフォルダ情報は、フォルダの種類によって異なります。
    • (ルートフォルダ):
      メモのみ変更できます。
    • 組織フォルダ:
      メモのみ変更できます。
    • 任意のフォルダ:
      フォルダ名とメモを変更できます。

フォルダを移動する

フォルダの位置を移動する手順を説明します。
フォルダを移動すると、フォルダ内のファイルもあわせて移動されます。
組織フォルダやアクセス権が設定されているフォルダでは操作できません。
ただし、組織フォルダのサブフォルダは移動できます。
  1. ファイル管理をクリックします。
  2. 位置を移動するフォルダをクリックします。
  3. その他の操作フォルダの詳細をクリックします。
  4. 「フォルダ情報」セクションで、位置を移動するをクリックします。
  5. 「移動後の親フォルダ」セクションで、移動先のフォルダ名をクリックします。
    移動先のフォルダを選択している画像
  6. 設定した内容を確認し、移動するをクリックします。

フォルダを削除する

フォルダは、1つずつ削除します。削除したフォルダは元に戻せません。

削除できないフォルダ
次のフォルダは削除できません。
  • ルートフォルダ
  • 組織フォルダ
    ただし、組織フォルダのサブフォルダは、ユーザーが任意で作成しているフォルダであるため削除できます。
  • ファイルやサブフォルダが追加されているフォルダ
    誤って重要なファイルを削除するトラブルを防ぐため削除できません。
    フォルダ内の全ファイルと全サブフォルダを削除すると、フォルダを削除できます。
  • アクセス権が設定されているフォルダ
ファイルの一覧画面から削除する場合
  1. ファイル管理をクリックします。
  2. 削除するフォルダをクリックします。
  3. その他の操作フォルダを削除するをクリックします。
    リンクが表示されない場合は、削除できないフォルダに該当しないかどうか確認してください。
  4. 確認画面で、削除するをクリックします。
フォルダの詳細画面から削除する場合
  1. ファイル管理をクリックします。
  2. 削除するフォルダをクリックします。
  3. その他の操作フォルダの詳細をクリックします。
  4. 「フォルダ情報」セクションで、削除するをクリックします。
    リンクが表示されない場合は、削除できないフォルダに該当しないかどうか確認してください。
  5. 確認画面で、削除するをクリックします。
補足
  • 組織が削除された場合の組織フォルダ内のファイルの扱い
    組織が削除されると、ファイル管理の組織フォルダは自動で削除されます。
    組織フォルダが削除されても、フォルダ内のファイルは削除されません。
    削除されたフォルダ内のファイルやサブフォルダは、自動的に作成されるフォルダ「(削除された組織名)」に移動します。
    このフォルダ内のファイルデータが0件になると、フォルダ「(削除された組織名)」は自動的に削除されます。

フォルダツリーの表示を設定する

フォルダツリーとは、ファイルの一覧画面の左ペインに表示されるツリー状の表示のことです。
各ユーザーで、フォルダツリーを表示するかどうかを設定できます。
フォルダツリーを非表示にするイメージ
  1. ファイル管理をクリックします。
  2. その他の操作フォルダツリーを隠すをクリックします。
    フォルダツリーを表示させる場合は、その他の操作フォルダツリーを表示するをクリックします。