バージョン管理とは?

バージョン管理機能は、現在から指定する時点までの更新ファイルを保持する機能です。システム管理者が機能を有効にしている場合に、ユーザー側で利用できます。
更新したファイルが壊れていた場合や、誤ったファイルで更新した場合に、指定する過去のバージョンのファイルと置き換えることができるため、操作ミスによるファイルの紛失を防げます。

バージョン管理で保持するファイルは、世代単位(現在からいくつ前のデータであるか)で設定します。実際に設定する世代数は、各ユーザーがファイルを登録する際に設定します。
たとえば、バージョン管理を2世代にすると、「現在/現在から1つ前/現在から2つ前」の更新ファイルをファイル管理で保持できます。
新たにファイルが更新されると、指定した世代を超える古いファイルは削除されます。
バージョン管理を2世代に設定する場合の例:
  • バージョン管理機能が有効な場合に操作できること
    • 保持している過去のファイルの閲覧
    • 保持している過去のファイルのダウンロード
    • 保持している過去のファイルを、最新のファイルとして更新
ここでは、バージョン管理を利用している場合に操作できることを説明します。

更新履歴を確認する

バージョン管理する世代を設定すると、ファイルの詳細画面の「更新履歴」セクションで、設定した世代までの過去のファイルを確認できます。
ファイル名をクリックすると、過去のファイルをダウンロードできます。
バージョン管理を3世代に設定したファイルの画面例:
「操作」欄に「更新」とある場合に、ファイルが更新されています。
バージョン管理が3世代のイメージ

バージョンを戻すには

バージョン管理に設定した世代までの過去のファイルは、最新のファイルとして戻すことができます。
たとえば、誤ったファイルで更新してしまった場合に、1つ前のファイルを最新のファイルに戻すといった操作が可能です。
世代を設定していない場合や、設定する世代を超えている場合など、ファイル管理に保持されていない過去のファイルは、最新のファイルとして戻せません。
  1. ファイル管理をクリックします。
  2. バージョンを戻すファイルが配置されているフォルダ名をクリックします。
  3. バージョンを戻すファイルのタイトルをクリックします。
  4. 「更新履歴」セクションで、戻したい世代の「ファイル名」欄の戻すをクリックします。
    戻すボタンが表示された画像
  5. 戻すバージョンと、更新者を確認します。
    更新者が複数の組織に所属している場合、所属組織がドロップダウンリストで表示されます。
    バージョンを戻す際に使用するユーザーの所属先情報を、ユーザー自身で設定できます。
    最新のバージョンとしてファイルが更新されると、「更新履歴」欄に「←日時版から復活」と表示されます。
  6. バージョンを戻すをクリックします。
    戻したい世代のファイルが、最新ファイルとして戻っていることを確認します。
    ファイルが戻ったイメージ