レコードのソート

一覧画面でのレコードの並びを、ソートを使って変更します。
補足
  • アプリの運用管理の設定によって、ソートを使用できない場合があります。

ソートメニューとソートボタンとは?

レコードのソートに使用する、ソートメニューとソートボタンを説明します。
ソートを説明する番号付きの画像
番号 説明
1 複数項目を組み合わせてソートするメニューです。
項目の組み合わせは、アプリの運用管理者によって設定されています。
詳細は、ソートの設定を参照してください。
2 1 つの項目を基準にソートするメニューです。
次のメニューが表示されます。
  • レコード番号
    「レコード」部分は、登録データ名に設定された名前で表示されます。
  • 更新日時
  • アプリの運用管理者がソート機能を有効にした項目
3 1つの項目を基準にソートするメニューです。
アプリの運用管理者がソート機能を有効にした項目にアイコンが表示され ます。
詳細は、ソートのアイコンを参照してください。
ソートメニューが表示されない場合
次の場合は、ソートメニューが表示されません。
  • 一覧画面にカレンダー形式のビューを適用した場合
  • ステータス管理機能が有効なアプリで、絞込メニューの 処理履歴をクリックした場合
    処理履歴が赤枠で囲まれた画像
  • アプリの運用管理者によって、表示するメニューにソートが設定されていない場合
    詳細は、アプリに表示するメニューの設定の表示項目を参照してください。
一覧画面にカテゴリ形式のビューを適用した場合に、ソートメニューに表示される項目
  • カテゴリ形式のカテゴリになる項目と、運用管理者が設定したソートのソート条件1の項目が一致しているソート
  • カテゴリ形式のカテゴリになる項目
    詳細は、次のページを参照してください。
    ビュー(一覧)の表示形式と設定項目のカテゴリ形式
    ソートの追加

1つの項目を基準にソートする

項目単位でソートします。
  • 例: 「状況」項目のみのソート
    1つの項目を基準にソートしたイメージ
  1. アプリのレコード一覧画面を表示します。
  2. 項目の見出しで、ソートする項目のソートボタンをクリックします。
    次の順番でソートされます。
    • 昇順のソートアイコン
      数字の場合は、小さい数字から順にソートされます。
    • 降順のソートアイコン
      数字の場合は、大きい数字から順にソートされます。

    ソート順の詳細は、ソート順を参照してください。
    補足
    • ソートメニューから操作する場合は、「ソート」のドロップダウンリストの「------」より下に表示されるメニューから選択します。
      ソートメニューから選択した場合、レコードは降順でソートされます。
      ソートを選択している画像
  3. ソートしたレコードを確認します。

複数の項目を組み合わせてソートする

アプリの運用管理者が準備したソートメニューを使用して、複数の項目を組み合わせてレコードの一覧をソートします。
たとえば、「重要度」を昇順、かつ、「〆切日」も昇順といった組み合わせでソートできます。
項目の組み合わせは、ユーザー側で設定できません。
  • 例: 「重要度」、「〆切日」、「状況」項目を組み合わせたソート
    複数の項目を組み合わせてソートした画像
補足
  • アプリの運用管理者が設定するソートの詳細は、ソートの設定を参照してください。
  • カレンダー形式のビュー(一覧)では、運用管理者が設定する「キーになる日付項目」でソートされます。ソート順は昇順です。そのほかの日付で並び替えることはできません。
  • カテゴリ形式のビュー(一覧)では、運用管理者が設定する「カテゴリになる項目」でソートされます。ソート機能を利用して、カテゴリ内のレコードを並び替えることができます。
  1. アプリのレコード一覧画面を表示します。
  2. ソートメニューから、複数項目を組み合わせたメニューを選択します。
    「ソート」のドロップダウンリストの「------」より上に表示されるメニューから選択します。
    ソートを選択している画像
    ソートメニューが表示されていない場合、アプリの運用管理者に、表示するメニューの設定変更を依頼してください。
    詳細は、アプリに表示するメニューの設定の表示項目を参照してください。
  3. ソートしたレコードを確認します。