ルックアップしたデータの更新(再ルックアップ)

「手動ルックアップ」または「検索ルックアップ」でコピーしたデータを、参照先のアプリのデータの更新にあわせ、最新のデータに更新します。
「自動ルックアップ」でコピーしたデータは、関連付けたアプリのデータが更新されると、自動的に項目のデータが更新されるため、再ルックアップの操作は不要です。

1件ずつ更新する

レコードごとに、ルックアップデータを更新します。

  1. ルックアップでデータを取り込んでいるレコードを表示します。
  2. 手順1の「レコードの詳細」画面を表示します。
  3. データを更新する項目の横にあるルックアップのボタンをクリックします。
    ルックアップボタンが赤枠で囲まれた画像
  4. 取り込まれたデータを確認し、更新するをクリックします。

複数のデータを一括更新する

絞込や検索したレコードを対象に、ルックアップデータをまとめて更新します。

注意
  • 「検索ルックアップ」の場合
    再ルックアップすると、再ルックアップをする前に取り込んでいたレコードと異なるレコードのデータがルックアップされることがあります。ご注意ください。
  • 再ルックアップするレコードの件数が多い場合
    • データの取り込みが完了するまでに時間がかかることがあります。データの取り込みの途中で、Webブラウザーの中止ボタンをクリックしないでください。
    • 1万件以上のレコードを再ルックアップする場合は、CGIタイムアウトにより、処理が中断されることがあります。
    • レコードの件数が多い場合は、レコード番号による絞込やキーワードによる検索などを活用し、数回に分けて操作することを推奨します。
  1. 検索や絞込を利用し、ルックアップデータを一括更新するレコードをレコード一覧画面に表示します。
    表示するレコードを絞り込む場合は、次のページを参照してください。
    レコードを絞り込む
    レコードの検索
  2. その他の操作データを再ルックアップするをクリックします。
    データを再ルックアップする操作リンクが赤枠で囲まれた画像
    データを再ルックアップするが表示されていない場合、アプリの運用管理者に、表示するメニューの設定変更を依頼してください。
    詳細は、アプリに表示するメニューの設定のツールメニューを参照してください。
  3. 手順1で選択しているレコードに表示されている、ルックアップのボタン名と同じリレーションを選択します。
    データを再ルックアップしている画像
  4. 再ルックアップするをクリックします。