アドレス帳やファイル管理の参照

アドレス帳ファイル管理のデータを、アプリの項目から参照できます。
アドレス帳やファイル管理でデータが更新されると、データを参照しているアプリのデータも、自動的に更新されます。
補足
  • 参照先のデータが削除されると、レコードの項目値が空欄になります。

アドレス帳のデータを参照する

「データ参照(アドレス帳)」項目が設定された入力フォームで、アドレス帳を参照して会社データをフォームに入力します。
人名データは取り込めません。
  1. アプリを表示します。
  2. 次のいずれかの画面を表示します。
    • 新しいレコードにアドレス帳のデータを取り込む場合:
      「レコードの登録」画面、または「レコードの登録(再利用)」画面
    • 既存のレコードにデータをアドレス帳のデータを取り込む場合:
      「レコードの編集」画面
  3. 「データ参照(アドレス帳)」項目で、アドレス帳から取り込むをクリックします。
    アドレス帳から取り込むボタンが表示された画像
  4. 「会社情報の選択」画面で、ブックを選択し、取り込む会社データの利用するをクリックします。
    会社名をクリックすると、会社の詳細を確認できます。
    アドレス帳から取り込むデータを選択している画像
  5. 取り込んだデータを確認し、更新するをクリックします。
    データを変更または削除する場合は、変更するまたはクリアするをクリックします。
    アドレス帳からデータを取り込んでいる画像
  6. 表示を確認します。
    アドレス帳からデータが取り込まれた画像

ファイル管理のデータを参照する

「データ参照(ファイル管理)」項目が設定された入力フォームで、ファイル管理からファイルを取り込んでフォームに添付します。
  1. アプリを表示します。
  2. 次のいずれかの画面を表示します。
    • 新しいレコードにファイル管理のデータを取り込む場合:
      「レコードの登録」画面、または「レコードの登録(再利用)」画面
    • 既存のレコードにデータをファイル管理のデータを取り込む場合:
      「レコードの編集」画面
  3. 「データ参照(ファイル管理)」項目で、ファイル管理から取り込むをクリックします。
    ファイル管理から取り込むボタンが表示された画像
  4. 「ファイルの選択」画面で、取り込むファイルが保存されているフォルダを選択します。
    ファイル管理のフォルダを選択している画像
  5. 取り込むデータの利用するをクリックします。
    タイトル名をクリックすると、ファイルの詳細を確認できます。
    ファイル管理から取り込むデータを選択している画像
  6. 取り込んだデータを確認し、更新するをクリックします。
    データを変更または削除する場合は、変更するまたはクリアするをクリックします。
    ファイル管理からデータを取り込んでいる画像
  7. 表示を確認します。
    ファイル管理からデータが取り込まれた画像