レコードの絞込

アプリの運用管理者が設定した絞込条件を使用して、アプリ内のレコードを絞り込みます。

利用できる絞込

お使いのアプリの種類によって、利用できる絞込が異なります。
  • 通常のアプリ(ステータス管理が無効の場合)
    アプリの運用管理者が作成した絞込を利用できます。作成されていない場合は絞込が表示されません。
    次のどちらかで絞込メニューが表示されます。
    通常アプリの絞込メニューの画像
  • ステータス管理アプリ(ステータス管理が有効の場合)
    3種類の絞込を利用できます。
    ステータス管理アプリの絞込メニューの画像

レコードを絞り込む

レコードの絞込は、レコードの一覧画面上でのみ使用できます。
絞込のメニューの追加や変更は、運用管理者に依頼してください。
  1. アプリを表示します。
  2. 絞込メニューを選択します。
    絞込メニューを選択している画像
    絞込メニューが表示されていない場合、アプリの運用管理者に、表示するメニューの設定変更を依頼してください。
    詳細は、アプリに表示するメニューの設定の表示項目を参照してください。
  3. 絞り込んだレコードを確認します。
注意
  • 絞込にアクセス権が設定されている場合、利用が許可された絞込で表示されるレコードだけを閲覧できます。利用が許可されていない絞込によって表示されるレコードは、閲覧できません。
    絞込のアクセス権で閲覧が制限されたレコードは、レコードの検索結果画面や、レコードに直接アクセスした場合にも表示されません。
    詳細は、絞込のアクセス権を参照してください。
  • 運用管理者の設定によって、閲覧を許可されていない項目が含まれる絞込は、「レコード一覧」画面に絞込の選択肢として表示されません。
    詳細は、項目のアクセス権を参照してください。
補足
  • アプリの運用管理者以外のユーザーは、絞り込んだレコードに対して次の操作ができます。
    • 集計1
    • 印刷
    • CSVファイルへの書き出し
    • 添付ファイルの書き出し
    • レコードの一括編集
    • レコードの一括削除
    • 「レコード一覧」画面の切り替え
    • 再ルックアップ1
    • データコピー1
    • XMLファイルへの書き出し1
    • RSS一覧1

    1:アプリの運用管理者によって機能が設定されている場合のみ操作できます。

  • 絞り込んだレコードの一覧画面のURLを、サイボウズ Officeのほかのアプリケーションの本文やコメントに掲載すると、本文やコメントの中にアプリの一覧画面を表示できます。(インライン表示)詳細は、アプリのインライン表示を参照してください。