列幅の調整

レコードの一覧画面は、適用されているビューやユーザーのウィンドウサイズに合わせ、Webブラウザーによって自動調整された表示幅でデータが表示されています。
列幅の調整機能を利用すれば、ユーザーが見やすいように列幅を調整できます。
補足
  • 列幅の調整は各ユーザーで設定する必要があります。自分が設定した列幅は、他のユーザーの画面には反映されません。
列幅調整のイメージ

列幅を調整できる画面

次のカスタムアプリの画面で列幅を調整できます。
トップページのカスタムアプリパーツ、およびアプリのインライン表示では、列幅を調整できません。
ビュー(一覧)のタイプによって、列幅を調整できるかどうかが異なります。
画面のタイプ 列幅調整の可否
(すべて)
レコード一覧形式
レコード閲覧形式  
カレンダー形式  
カテゴリ形式
レコードの検索結果画面
レコードの詳細検索結果の画面
ただし、カテゴリ形式の先頭行およびカテゴリ行では、列幅を調整できません。
列幅調整できない項目の画像

列幅の設定状態を確認する

列幅を調整しているかどうかは、列幅調整のボタンのツールチップで確認できます。
ツールチップは、列幅がリセットされているアイコンまたは列幅調整中のアイコンをマウスオーバーすると表示されます。
  • 列幅が初期値の状態である場合:
    列幅がリセット中の画像
  • 列幅が調整済みの状態である場合:
    列幅調整中のアイコンをクリックすると、列幅が初期値にリセットされます。
    列幅調整済み画像

列幅の最小値

列幅の最小値は、項目のセルの横幅の値が設定されているかどうかによって異なります。
  • 項目のセルの横幅が設定されていない場合:
    列幅の最小値は、15pxです。
  • 項目のセルの横幅が設定されている場合:
    列幅の最小値は、項目のセルの横幅の値になります。
    項目のセルの横幅の値は、アプリの運用管理者のみ確認できます。
    操作の詳細は、レコード値の書式設定を参照してください。
    レコード値の書式設定画面の画像