ステータス管理の絞込メニューの見かた

ステータス管理アプリの絞込メニューの見かたを説明します。
ステータス管理アプリの場合は、アプリの運用管理者が準備した絞込メニューのほかに、状況ごとやレコードの処理者ごとにレコードを絞り込めるメニューが自動的に設定されています。

ステータス管理の絞込メニューを説明する番号付き画像
絞込にアクセス権が設定されている場合は、自分が利用できる絞込に含まれるレコードのみ閲覧できます。
次のどちらかの条件を満たすユーザーに対しては、絞込の利用が制限されていてもレコードをすべて表示できます。
  • 「(すべて)」の絞込の利用が許可されている。
  • アプリの運用管理者である。
番号 説明
1 (すべて):
閲覧可能なすべてのレコードが一覧で表示されます。
2 オプションアイコン
次のメニューが表示されます。
  • 開始日を過ぎたレコードのみ表示する
  • 処理者を未完了の件数順に表示する
3 状況:
  • 未完了:
    完了していないレコードが一覧で表示されます。
  • 状況名:
    各状況に該当するレコードが一覧で表示されます。レコードが0件の状況は表示されません。
    状況名の表示順は、アプリの運用管理者が設定した順序です。
  • 状況名の横の数字:
    各状況に該当するレコード数です。
  • (値なし):
    状況が設定されていないレコードがある場合に表示されます。
  • 完了:
    作業が完了したレコードが一覧で表示されます。
4 処理者:
  • ユーザー名:
    アプリのメンバーです。
    各メンバーが担当するレコードが一覧で表示されます。
  • 処理履歴:
    自分が処理するアイコンまたは処理するをクリックして、状況を変更したレコードが一覧で表示されま す。
  • ユーザー名の下に表示される棒グラフ:
    ユーザーが担当するレコードの状況の分類を示します。
    各状況の色は、システムが自動的に設定しているため、ユーザーで設定や変更はできません。
    ユーザーが担当するレコードの状況のグラフイメージ
  • (処理者なし):
    処理者が設定されていないレコードがある場合に表示されます。
5 絞込:
アプリの運用管理者が設定した絞込がある場合に表示されます。

予定に表示されるアプリのリンクについて

スケジュールのパーツやグループ(週表示)の画面で、アプリ名(未処理レコードの件数)をクリックすると、自分が担当、かつ、予定の日付の時点で未完了のレコードが一覧で表示されます。
予定に表示されるアプリのリンクのイメージ

表示されるレコード一覧は、予定の日付とレコードの〆切日の組み合わせによって異なります。
当日をxx月15日と仮定して説明します。
  • 16日以降でアプリ名(未処理レコードの件数)をクリックした場合:
    次の条件をすべて満たすレコードが一覧で表示されます。
    • 〆切が該当の日付に設定されている。
    • 未完了のレコードである。
  • 15日のアプリ名(未処理レコードの件数)をクリックした場合:
    次の条件をすべて満たすレコードが一覧で表示されます。
    • 〆切が15日以前に設定されている。
    • 未完了のレコードである。