ログを出力する操作の設定

どのような操作をすると、ログを出力するかを設定します。
アプリの運用管理では、レコードの登録や削除といった、アプリの基本操作に関するログの出力を設定します。
次の操作に関するログを出力する場合は、システム管理者に設定を依頼する必要があります。
  • アプリの作成
  • アプリの削除
  • アプリのメール通知の失敗
詳細は、監査ログの管理を参照してください。
補足
  • 初期設定では、ログ出力は無効です。
    ただし、この「ログの設定」画面で、ログを出力する操作の種類を変更する際は、必ずログが出力されます。
  • システム管理者の設定によっては、アプリの運用管理者に、ログを出力する操作の設定が許可されていない場合があります。アプリログの設定が許可されていない場合、運用管理者は設定内容のみ確認できます。
  1. ログの設定をするアプリを表示します。
  2. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. ロギングをクリックします。
  5. ログの設定をクリックします。
  6. ログを出力するアプリの操作を選択します。
    具体的に、どのようなタイミングでログが出力されるかは、 ログが出力されるタイミングを参照してください。
    ログに出力する操作を選択している画像
    次のいずれかの項目を選択している場合のみ、手順7に進みます。
    • 詳細画面の表示
    • レコードの登録
    • レコードの編集
    • コメントの書き込み
    • コメントの削除
    上記の項目を選択していない場合は、手順7は不要です。手順8に進みます。
  7. ログと一緒に書き出す付加情報をドロップダウンリストから選択し、追加をクリックします。
    付加情報を選択している画像
    付加情報を設定すると、出力するログが、どのレコードを操作した際のログであるかを把握しやすくなります。
    付加情報の候補には、アプリの入力フォームとして設定している項目が表示されます。
  8. 設定内容を確認し、設定するをクリックします。