メール読み込みの実行

メールを受信し、レコードとして登録します。
注意
  • メール読み込みの設定が無効の場合や、設定が不十分の場合はエラーメッセージが表示されます。
  • メール読み込みによって登録されるレコードの登録者は、メール読み込みの操作をしたユーザーが設定されます。
  • アプリの項目に重複禁止の設定がされていても、メール読み込みで登録されるデータには適用されません。
    メール読み込みが完了したあとに、必要に応じてレコード内容を修正してください。
  1. メール読み込み機能を有効にしたアプリを表示します。
  2. レコード一覧画面で、メールを読み込むをクリックします。
    メールを読み込むボタンが赤枠で囲まれた画像
    表示されるボタンは、メール読み込みの条件設定で、新着メールチェック機能を有効にしているかどうかで異なります。
    • 新着メールチェック機能が有効の場合: メールを読み込む(新着メールの件数)
    • 新着メールチェック機能が無効の場合:メールを読み込む(○○に最終読み込み)
アプリの運用管理画面からメール読み込みを実行する
アプリの運用管理画面からメール読み込みを実行する手順は、次のとおりです。
  1. メール読み込みを実行するアプリを表示します。
  2. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. データの入出力をクリックします。
  5. メールからの読み込みをクリックします。
  6. メール読み込みの設定を確認し、メールを受信し、アプリに読み込むをクリックします。