リレーションの追加

異なる2つのアプリで、指定する項目を関連づけます。
注意
  • 次のアクセス権の設定により、操作が制限される場合は、リレーションを設定できません。
    • アプリを保存しているフォルダの閲覧権限がない。
    • リレーションに使用する項目の閲覧権限がない。
「商品マスタ」アプリのデータを「見積り依頼受付」アプリに取り込むために、リレーションを設定する場合を例に説明します。
設定は「見積り依頼受付」アプリで行います。
「商品マスタ」アプリの設定を変更する必要はありません。
  1. 「商品マスタ」と「見積り依頼受付」アプリで、関連づける項目を確認します。
    • 例:「商品コード」が一致した場合に、商品名と単価を読み込めるようにしたい
      リレーションの設定イメージ
    補足
    • リレーションで関連づける項目の項目名を一致させる必要はありません。
    • 参照先のアプリのデータを自動ルックアップで取り込む場合は、取り込む項目の入力タイプに「自動ルックアップ」を設定します。
      ルックアップの種類については、ルックアップの種類と操作を参照してください。
  2. 「見積り依頼受付」アプリを表示します。
  3. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  4. 「詳細設定」タブをクリックします。
  5. リレーションをクリックします。
  6. 追加するをクリックします。
  7. リレーション名を入力します。
  8. 「関連づけるアプリ」に、「商品マスタ」アプリを設定します。
    関連づけるアプリを設定している画像
  9. 「キーになる項目」を選択します。
    「キーになる項目」の値が一致すると、関連づけたアプリのデータがコピーされます。
    • 例: 「見積り依頼受付」アプリの「商品コード」と「商品マスタ」アプリの「商品コード」をキーにする場合
      キーになる項目を設定している画像
    補足
  10. 必要に応じて、検索ルックアップ機能を設定します。
    初期値では、検索ルックアップが無効になっています。
    検索ルックアップが無効になっている画像
    • 検索ルックアップ機能を使用する:
      リレーション先のアプリから、ルックアップするデータを検索し、検索結果で選択したデータを取り込む場合に選択します。
      検索ルックアップの例:
      検索ルックアップのイメージ
    • あいまい検索をする:
      あいまい検索は、文字列の全角半角や大文字小文字を区別せずに検索する機能です。
      「キーになる項目」に対して、あいまい検索をする場合に選択します。
      「検索ルックアップ機能を使用する」が有効な場合のみ選択できます。
      あいまい検索の詳細は、あいまい検索とは?を参照してください。
  11. 必要に応じて、関連アプリへのリンクを設定します。
    初期値では、関連アプリへのリンクが無効になっています。
    関連アプリへのリンクを設定している画像
    有効にすると、手順9でキーとして設定した項目に、「商品マスタ」アプリへのリンクが表示されます。
    表示されるリンク名は、手順7で設定したリレーション名です。
    • 一覧画面での表示の例:
      関連アプリへのリンクが有効な場合の一覧画面の画像
    • 詳細画面での表示の例:
      関連アプリへのリンクが有効な場合の詳細画面の画像
  12. 設定を確認し、次に、項目の関連づけを設定するをクリックします。
    リレーションの設定が追加されます。
  13. 「見積り依頼受付」アプリの項目と「商品マスタ」アプリの項目を関連づけます。
    「商品マスタ」アプリのどの項目のデータを、「見積り依頼受付」アプリのどの項目に取り込むかを設定します。
    項目を関連づけている画像
    補足
    • 「このアプリの項目」の設定で、同じ項目に複数のルックアップを設定した場合、最後に追加した設定が有効になります。
      最後に追加したルックアップの設定が有効であることを示した画像
    • 「このアプリの項目」で入力タイプが「自動ルックアップ」の項目を選択すると、手順10で検索ルックアップを有効にしても、検索ルックアップは使用できません。
    • 項目の入力タイプの組み合わせによっては、「このアプリの項目」と「関連づけるアプリの項目」を関連づけられない場合があります。
      詳細は、「関連づける項目」に設定できる入力タイプの組み合わせを参照してください。
  14. 設定を確認し、追加するをクリックします。