状況のメニューの設定

アプリで管理する作業の進捗状況のメニューを設定します。ステータス管理を有効にしている場合のみ設定できます。
ステータス管理が有効なアプリを作成すると、自動的に次のメニューが登録されます。
  • 未着手
  • 作業中
  • 完了
  • 保留

状況のメニューは必要に応じて追加できます。次の手順で状況のメニューを設定します。
  1. ステータス管理が有効のアプリを表示します。
    アプリケーションメニューで、目的のアプリ名をクリックします。
    ステータス管理機能が有効なアプリが選択された画像
  2. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. ステータス管理をクリックします。
  5. 状況をクリックします。
  6. 「メニュー項目の設定」セクションで、状況を変更するをクリックします。
    状況を変更する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 未完了扱いにするメニューと完了扱いにするメニューを設定し、変更するをクリックします。
    メニューは、1行に1項目ずつ入力します。
    「完了の項目」に設定したメニューは、レコード一覧画面に表示される絞り込みには表示されません。
    メニューの項目に関わらず、完了したレコードとしてまとめられます。
    状況の設定イメージ

状況の初期値を設定する

レコードの登録画面を開いたときに、状況に選択されるメニューを指定します。
レコードを受け付けるステータスを設定すると便利です。
  1. ステータス管理が有効のアプリを表示します。
    アプリケーションメニューで、目的のアプリ名をクリックします。
    ステータス管理機能が有効なアプリが選択された画像
  2. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. ステータス管理をクリックします。
  5. 状況をクリックします。
  6. 「初期値の設定」セクションで、変更するをクリックします。
    変更する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 状況のメニューをドロップダウンリストから選択し、設定するをクリックします。
    状況の初期値の設定イメージ

処理画面を設定する

処理画面は、レコードの詳細画面で処理するをクリックすると表示される画面です。
レコードの状況ごとに、レコードを次のステップに進めるときに表示される画面を設定できます。

処理画面を設定しておくと、レコードの状況の値に応じて、次に設定する処理者や状況、および入力が必要な項目を表示できます。
  1. ステータス管理が有効のアプリを表示します。
    アプリケーションメニューで、目的のアプリ名をクリックします。
    ステータス管理機能が有効なアプリが選択された画像
  2. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. ステータス管理をクリックします。
  5. 状況をクリックします。
  6. 「初期値の設定」セクションで、処理画面の設定をクリックします。
    処理画面の設定の操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 必要な項目を設定し、設定するをクリックします。
    処理画面の設定をしている画像
    処理画面の設定イメージ
    補足
    • レコードのコメント欄は、「画面に表示する項目」の選択肢に表示されません。
      コメントの設定を有効にしている場合は、レコードの処理画面にコメント欄が必ず表示されます。
  8. プレビューを見るをクリックし、処理画面の表示を確認します。
    プレビューを見る操作リンクが赤枠で囲まれた画像