メンバーの設定

アプリを使うメンバーを設定します。ステータス管理を有効にしている場合のみ、メンバーを設定できます。
メンバーに設定されたユーザーは、レコードの処理者として選択できます。
注意
  • アプリのメンバーのデータは、ユーザーIDではなく、名前の文字列で識別されます。次の点に注意してください。
    • 同姓同名のユーザーを同じアプリのメンバーにする場合、メンバーに設定できるのは、メンバーの一覧で上位に表示されるユーザーだけです。下位のユーザーはメンバーに設定できません。
    • ユーザー名を変更しても、アプリのメンバーの名前は変更されません。
      ユーザー名を変更した場合、ユーザー名とアプリのメンバーの名前を一致させるには、メンバーの名前を一括置換する必要があります。
  1. ステータス管理が有効のアプリを表示します。
    アプリケーションメニューで、目的のアプリ名をクリックします。
    ステータス管理機能が有効なアプリが選択された画像
  2. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. ステータス管理をクリックします。
  5. メンバーをクリックします。
  6. 「メニュー項目の設定」セクションで、メンバーを変更するをクリックします。
    メンバーを変更する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
    更新通知の設定は、アプリの更新通知の設定を参照してください。
  7. 画面右側でメンバーにするユーザーを選択し、追加をクリックします。
  8. 設定内容を確認し、変更するをクリックします。
    運用管理者がアプリの表示を有効に設定している場合、メンバーに設定されたユーザーの画面のアプリケーションメニューや最新情報パーツに、アプリが表示されます。
    詳細は、ステータス管理アプリの表示設定を参照してください。

メンバーの初期値を設定する

レコードの登録画面を開いたときに、処理者に選択されるユーザーを指定します。
レコードを最初に受け付けるメンバーを、初期値として設定すると便利です。
  1. ステータス管理が有効のアプリを表示します。
    アプリケーションメニューで、目的のアプリ名をクリックします。
    ステータス管理機能が有効なアプリが選択された画像
  2. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. ステータス管理をクリックします。
  5. メンバーをクリックします。
  6. 「初期値の設定」セクションで、変更するをクリックします。
    初期値を変更する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. メンバーをドロップダウンリストから選択し、設定するをクリックします。
    メンバーの初期値を設定したイメージ