ステータス管理に使用する項目の変更

ステータス管理アプリでは、次の5つの項目を必ず設定します。これらの項目はレコードの作業進捗の確認や更新通知などに使用されます。
  • 処理者
  • 状況
  • 標題
  • 開始日
  • 〆切日

通常、上記のステータス管理に使用する項目は、ステータス管理アプリの作成時や、ステータス管理の有効時に設定し、アプリの作成後に変更する必要はありません。
ただし、「開始日」と「〆切日」のみ、アプリの作成後に設定を変更できます。
  1. ステータス管理が有効のアプリを表示します。
    アプリケーションメニューで、目的のアプリ名をクリックします。
    ステータス管理機能が有効なアプリが選択された画像
  2. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. ステータス管理をクリックします。
  5. ステータス管理の設定をクリックします。
  6. 「使用する項目」セクションで、変更するをクリックします。
    変更する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 「開始日」と「〆切日」に使用する項目を選択し、設定するをクリックします。
    開始日と〆切日を設定している画像
    「開始日」と「〆切日」の設定項目
    項目 説明
    開始日 レコードの開始日を設定するための項目を、次の中から選択します。
    • (使用しない)
    • (新規の項目を追加する)
      入力フォームに、開始日を設定するための項目がない場合に選択します。
      追加される項目名は「開始日」です。
    • 入力タイプが「日付」の項目
      入力フォームの中で入力タイプが「日付」の項目の一覧が表示されます。
      開始日の項目として適用する項目を選択します。
      「〆切日」と「開始日」に同じ項目を設定することはできません。

    開始日を設定すると、次のレコードのみ、未処理のレコードとしてカウントされます。
    • 開始日を経過している。
    • 処理状況が未完了のレコードである。
    〆切日 レコードの〆切日を設定するための項目を、次の中から選択します。
    • (使用しない)
    • (新規の項目を追加する)
      入力フォームに、〆切日を設定するための項目がない場合に選択します。
      追加される項目名は「〆切日」です。
    • 入力タイプが「日付」の項目
      入力フォームの中で入力タイプが「日付」の項目の一覧が表示されます。
      〆切日の項目として適用する項目を選択します。
      「開始日」と「〆切日」に同じ項目を設定することはできません。

    〆切日を設定すると、作業者のスケジュールの一覧画面にレコードの〆切日を表示できます。
注意
  • ステータス管理に使用する項目のうち、次の項目は、一度指定すると変更できません。
    • 標題
    • 状況
    • 処理者

    項目を変更する場合は、ステータス管理を無効にしたあと、再度有効にしてから再設定してください。
    ステータス管理を無効にする手順や注意事項は、ステータス管理の無効化を参照してください。