グラフの種類

集計に設定できるグラフの種類について説明します。
グラフの種類のイメージ

横棒グラフ/縦棒グラフ

項目ごとの集計値を棒線で表現したグラフです。
項目ごとの集計値の大きさを比較する場合に適したグラフです。
  • 横棒グラフ(集合)の例:
    横棒グラフ(集合)のイメージ
  • 縦棒グラフ(集合)の例:
    縦棒グラフ(集合)のイメージ

積み上げ

大分類に設定した項目ごとの集計値を積み上げて棒線で表現されます。
項目ごとの集計値の全体に対する割合と、全体の合計値を比較する場合に適したグラフです。
  • 横棒グラフ(積み上げ)の例:
    横棒グラフ(積み上げ)のイメージ
  • 縦棒グラフ(積み上げ)の例:
    縦棒グラフ(積み上げ)のイメージ

100%積み上げ

大分類に設定した項目ごとの集計値の全体に対する割合が棒線で表現されます。
項目ごとの集計値の、全体に対する割合を比較する場合に適したグラフです。
  • 横棒グラフ(100%積み上げ)の例:
    横棒グラフ(100%積み上げ)のイメージ
  • 縦棒グラフ(100%積み上げ)の例:
    縦棒グラフ(100%積み上げ)のイメージ

折れ線グラフ

折れ線グラフは、集計値を示す位置を線で結んで表示したグラフです。
時間の経過に伴い、変化する量の推移を確認するのに適しています。
折れ線グラフのイメージ

面グラフ

項目ごとの集計値を折れ線で表現し、折れ線とX軸に挟まれた領域を塗りつぶしたグラフです。
時間の経過に伴う集計値の変化と、項目ごとの集計値の差を表現する場合に適したグラフです。
面グラフのイメージ

積み上げ

面グラフ(積み上げ)は、大分類に設定した項目ごとの集計値を積み上げて表示したグラフです。
折れ線グラフが重なって閲覧が困難な場合に便利です。
面グラフ(積み上げ)のイメージ

100%積み上げ

面グラフ(100%積み上げ)では、大分類に設定した項目ごとの集計値の全体に対する割合が、折れ線で表現されます。
集計値全体に対する各要素の割合を比較する場合に適しています。
面グラフ(100%積み上げ)のイメージ

円グラフ

項目ごとの集計値の全体に対する割合が、円で表現されます。
集計値全体に対する各要素の割合を比較する場合に適したグラフです。
データの値に0以下の値が存在しない場合や、項目数が比較的少ないデータの集計に適しています。
円グラフのイメージ

集計表

集計を表形式で表示します。
集計値を数値で把握する場合に適しています。
集計表のイメージ

クロス集計表

複数の項目を掛け合わせて集計します。
表で、項目間の関係を確認するのに適しています。
クロス集計表のイメージ