アプリ内で設定できるアクセス権

アプリ内で設定できるアクセス権は、次のとおりです。
初期設定では、カスタムアプリのすべての利用ユーザーに、各権限が許可されています。
機能やデータ 閲覧 追加 編集 削除 利用
フォルダ      
アプリ      
レコード    
項目      
ビュー(一覧)        
ビュー(詳細・登録)        
絞り込み        
ツールメニュー1        
コメント        

1 :ツールメニューには、CSV書き出し、一括編集、一括削除、再ルックアップ、XML書き出し、データコピーが含まれます。

補足
  • フォルダの閲覧、追加、およびアプリの追加権限は、システム管理者が設定します。
    詳細は、次のページを参照してください。
    カスタムアプリのフォルダのアクセス権
    アプリやフォルダの作成権限
  • 「[全員]」にすべての権限が許可されていると、ユーザーやグループごとに設定したアクセス権は無効になります。
    個別のユーザーやグループにアクセス権を設定する場合は、「[全員]」の設定内容を変更するか削除してください。
  • 集計には、アクセス権を設定できません。アプリに閲覧権限があれば、誰でも利用できます。
  • ダイレクト表示自体には、アクセス権を設定できません。
    ただし、ダイレクト表示に利用する「ビュー(一覧)」「絞り込み」「ソートで設定している項目」にアクセス権がない場合、 アプリの画面上に該当のダイレクト表示名は表示されません。