ツールメニューのアクセス権

「レコード一覧」画面のツールメニューに表示される各機能に対してアクセス権を設定します。
指定するユーザーやグループごとに、利用を許可するツールメニュー内の機能を設定します。
初期設定では、カスタムアプリのすべての利用ユーザーに、ツールメニューのすべての機能の利用が許可されています。
注意
  • アプリの運用管理者であっても、利用が許可されていないメニューは表示されません。
  • 利用が許可されていても、「表示するメニュー」に設定されていない機能はツールメニューに表示されません。
    詳細は、アプリに表示するメニューの設定を参照してください。
  • RSS通知には、アクセス権を設定できません。
初期設定から、次のように権限を変更する場合を例に説明します。
  • CSV書き出しのみ: すべての利用ユーザーに許可
  • すべての機能: 営業部のメンバーにのみ許可
  1. アクセス権を設定するアプリを表示します。
  2. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. アクセス権をクリックします。
  5. ツールメニューをクリックします。
  6. 「営業部」のメンバーに、すべての機能を許可します。
    1. 画面右側のドロップダウンリストから「営業部」を選択し、追加をクリックします。
      営業部を選択している画像
    2. 「営業部」に、すべての機能が許可されていることを確認します。
      営業部を選択している画像
  7. カスタムアプリのすべての利用ユーザーに、CSV書き出しを許可します。
    1. 「全員」の設定欄の編集するをクリックします。
      編集する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
    2. 「CSV書き出し」以外の機能の選択を外し、反映するをクリックします。
      アクセス権を設定している画像
    3. カスタムアプリのすべての利用ユーザーに、「CSV書き出し」のみ許可されていることを確認します。
      設定したアクセス権を確認している画像
  8. 正しく権限が設定されていることを確認します。
    次の点を確認します。
    • 営業部に所属する高橋健太さんは、ツールメニューにすべての機能が表示されている。
    • 営業部に所属していない加藤美咲さんは、ツールメニューに「CSV書き出し」のみ表示されている。