書式の変更

すべてのレコードに対して色や書式を設定します。
色や書式は項目ごとに設定します。
  1. アプリを表示します。
    • ステータス管理機能が無効なアプリ(通常アプリ)の場合:
      1. カスタムアプリをクリックします。
      2. アプリを保存しているフォルダを選択します。
      3. アプリ名をクリックします。
        通常アプリが選択された画像
    • ステータス管理機能が有効なアプリの場合:
      1. アプリケーションメニューで、アプリ名をクリックします。
        ステータス管理機能が有効なアプリが選択された画像
  2. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. ビュー(一覧)またはビュー(詳細・登録)をクリックします。
  5. 書式を設定するビューの A書式・条件書式をクリックします。
    ビューに設定されている項目の一覧が表示されます。
    次のどちらかの条件を満たす項目は、背景に色が付いて表示されます。
    • 「カレンダー形式」のビューで、「キーになる日付項目」として設定されている
    • 「カテゴリ形式」のビューで、「カテゴリになる項目」として設定されている
    背景に色が付く条件を満たした場合の画面例
  6. 書式を設定する項目の「書式」欄で、変更するをクリックします。
    変更する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  7. 項目名の書式を設定します。
    詳細は、項目名の書式設定を参照してください。
    項目名の位置を示した画像
  8. レコード値の書式を設定します。
    詳細は、レコード値の書式設定を参照してください。
    レコード名の位置を示した画像
  9. 項目のコメントの書式を設定します。
    詳細は、項目のコメントの書式設定を参照してください。
    コメントであることを示した画像
    項目のコメントは登録画面用のビューに設定します。
    項目のコメントは詳細画面や一覧画面には表示されません。
    一覧画面のビューを設定している場合、手順11に進みます。
  10. 区切り線の書式を設定します。
    詳細は、区切り線の書式設定を参照してください。
    区切り線は詳細画面や登録画面用のビューに設定します。
    区切り線は一覧画面には表示されません。
    一覧画面のビューを設定している場合、手順11に進みます。
  11. 書式を設定したビューのプレビューをクリックし、表示を確認します。
    プレビューをクリックすると、設定したビューと書式設定の適用例が表示されます。
    プレビューの操作リンクが赤枠で囲まれた画像