各入力タイプで一括変更できる書式

入力タイプの種類によって、一括変更できる書式が異なります。

項目名の場合

項目名の書式は、一覧画面や詳細/登録画面のすべてのビューで一括変更できます。
ただし、「(すべて)」ビューは除きます。

レコード値の場合(一覧画面のビュー)

補足
  • セルの横幅は、設定されている文字列の長さなどにより、指定した幅よりも長く表示される場合があります。
  • 「自動ルックアップ」項目は、参照先項目の入力タイプに準じます。
書式の設定項目 説明
セルの横幅
背景色
横位置
縦位置
すべての入力タイプの項目と標準の項目(レコード番号、登録日時、登録者、更新日時、更新者)で一括変更できます。
表示文字数 文字列(1行)文字列(複数行)自動ルックアップ、標準の項目の登録者と更新者で一括変更できます。
折り返し 文字列(1行)文字列(複数行)URLメニュー(文字列)メニュー(ユーザー)ラジオボタンチェックボックスリスト時間量時間計算期間計算(現在日時)ファイル自動採番自動ルックアップデータ参照(アドレス帳)データ参照(ファイル管理)、標準の項目の登録者と更新者の項目で一括変更できます。
書式編集 文字列(複数行)自動ルックアップの項目で一括変更できます。
文字のサイズ
文字のスタイル(太字)
文字のスタイル(斜体)
チェックボックスイメージURL以外の項目で一括変更できます。
文字の色
文字のスタイル(下線)
URLカウントボタンチェックボックスファイルイメージURLデータ参照(アドレス帳)データ参照(ファイル管理)以外の項目で一括変更できます。
日付時刻書式 標準の項目の登録日時と更新日時の項目で一括変更できます。
縮小表示 ファイルイメージURLの項目で一括変更できます。

レコード値の場合(詳細/登録画面のビュー)

補足
  • 「自動ルックアップ」項目の書式の設定項目は、参照先項目の入力タイプに準じます。
  • 詳細/登録画面のビューの設定で「他の行のビューにあわせない」を選択すると、項目名の書式の初期値には「表示内容を折り返さない」が設定されます。
  • 「データ参照(アドレス帳)」項目の会社情報テーブルと、「データ参照(ファイル管理)」項目のファイル情報テーブルには、書式設定は反映されません。
書式の設定項目 説明
背景色
横位置
縦位置
すべての入力タイプの項目と標準の項目(レコード番号、登録日時、登録者、更新日時、更新者)で一括変更できます。
折り返し 文字列(1行)文字列(複数行)URLメニュー(文字列)メニュー(ユーザー)ラジオボタンチェックボックスリスト時間量時間計算期間計算(現在日時)ファイル自動採番自動ルックアップデータ参照(アドレス帳)データ参照(ファイル管理)、標準の項目の登録者と更新者の項目で一括変更できます。

ただし、時間計算項目では、計算結果が時間量の場合のみ「表示内容が多い場合は折り返す」設定が有効になります。
文字のサイズ
文字のスタイル(太字)
文字のスタイル(斜体)
チェックボックスイメージURL以外の項目で一括変更できます。
文字の色
文字のスタイル(下線)
URLカウントボタンチェックボックスファイルイメージURL以外の項目で一括変更できます。

ただし、データ参照(アドレス帳)とデータ参照(ファイル管理)の項目には、文字の色と下線の指定は反映されません。
日付時刻書式 標準の項目の登録日時と更新日時の項目で一括変更できます。
縮小表示 ファイルイメージURLの項目で一括変更できます。

項目のコメントの場合

項目のコメントの書式である表示位置、文字のサイズ、および色は、すべての入力タイプの項目で一括変更可能です。
標準の項目(レコード番号、登録日時、登録者、更新日時、更新者)には、コメントを設定することはできません。