DBMファイルへのアプリデータの書き出し

アプリデータをDBMファイルに書き出す方法や注意点を説明します。
DBMの書き出しは、アプリの運用管理者のみ操作できます。
DBMファイルとは?
DBMファイルは、サイボウズ Office独自のファイル形式です。
DBMファイルにはレコードの内容と、更新通知や絞込といったアプリの設定内容を保存できます。
注意
  • DBMファイル書き出し中の操作について
    DBMファイルの書き出し中は、データの整合性を保つため、レコードの登録や編集はできません。レコードの閲覧のみ可能です。
  • DBMファイルに書き出したデータは、内容を編集できません。誤って編集したDBMファイルを読み込もうとするとエラーが表示されます。
    書き出したファイル上でレコードデータを編集する場合は、CSVファイル形式でレコードデータのみ書き出してください。
    詳細は、CSVファイルでのレコードデータの管理を参照してください。

書き出せるデータ

DBMファイルの形式や、保存できるデータは次のとおりです。
ファイルの拡張子 .dbmz
ファイル形式 圧縮ファイル
保存できるデータ
  • dbmxファイル
    アプリの設定やレコードデータ、運用管理者の設定など
  • 入力フォームのファイル項目の添付ファイル
  • レコードコメントの添付ファイル
ファイルサイズの制限値1 1000MB
添付ファイルを含む、dbmzファイル全体のサイズです。

1 :制限値を超える場合は、ダウンロードリンクが表示されず、DBMファイルを書き出せません。

アプリデータの場合

アプリデータのDBMファイルは、アプリの運用管理者のみ書き出せます。
  1. データを書き出すアプリを表示します。
  2. アプリ名の右横の運用管理をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. データの入出力をクリックします。
  5. DBMファイルの書き出しをクリックします。
    ファイルサイズが1000MBを超えている場合は、ダウンロードリンクが表示されず、DBMファイルを書き出せません。
  6. アプリ名.dbmzをクリックし、ファイルを保存します。
    アプリ名に日本語を使用していると、「DBMファイルへの書き出し」画面で、正常にファイルをダウンロードできない場合があります。この場合、画面下のアプリID.dbmzをクリックし、ファイルを保存します。
    DBMファイルを読み込むと、新しいアプリを作成できます。詳細は、DBMファイルからのアプリの作成を参照してください。

ユーザーテンプレートデータの場合

システム管理者の設定により、アプリの作成権限を付与されているユーザーは、ユーザーテンプレートデータをDBMファイルに書き出せます。
  1. カスタムアプリをクリックします。
  2. アプリを追加するをクリックします。
    アプリを追加する画面の画像
  3. ユーザーテンプレートをクリックします。
  4. DBMファイルに書き出すテンプレート名をクリックします。
    ユーザーテンプレートの操作リンクが赤枠で囲まれたの画像
  5. 「アプリ情報の確認」画面で、DBMファイルへ書き出すをクリックします。
    ファイルサイズが1000MBを超えている場合は、ダウンロードリンクが表示されず、DBMファイルを書き出せません。
    DBMファイルへ書き出す操作リンクが赤枠で囲まれたの画像
  6. テンプレート名.dbmzをクリックし、ファイルを保存します。
    アプリ名に日本語を使用していると、「DBMファイルへの書き出し」画面で、正常にファイルをダウンロードできない場合があります。この場合、画面下のテンプレートID.dbmzをクリックし、ファイルを保存します。
    DBMファイルを読み込むと、新しいアプリを作成できます。詳細は、DBMファイルからのアプリの作成を参照してください。