ユーザーテンプレートからアプリの作成

ユーザーが作成したアプリのテンプレートを利用して、新しいアプリを作成します。
作成したアプリには、テンプレートに保存されているアクセス権、更新通知、およびリマインダー通知の設定などが反映されます。
注意
  • ユーザーテンプレートからアプリを作成すると、アプリの運用管理者に「全員」が設定されます。
    運用管理画面で設定する機能には、アクセス権の設定やデータの書き出しなど、セキュリティに関わる機能があります。不正な設定変更やデータの書き出しを防ぐため、アプリの作成後、必要に応じて運用管理者を変更してください。
    設定方法の詳細は、アプリの運用管理者の変更を参照してください。
  • ユーザーテンプレートから作成したアプリでは、次の設定が無効になります。
    • ステータス管理のメンバー
    • アプリのアイコン
    • アプリのデザイン
    • メール読み込み
    • レコードデータ
  1. 既存のアプリのテンプレートを作成します。
    詳細は、テンプレートの管理を参照してください。
    テンプレートは次のいずれかの方法で作成します。
    • 運用管理者:
      既存のアプリをテンプレート化する。
    • アプリの作成権限を付与されたユーザー:
      DBMファイルからアプリのテンプレートを作成する。

    すでにテンプレートが準備されている場合は、手順2に進みます。
  2. カスタムアプリをクリックします。
  3. フォルダツリーで、アプリの作成先のフォルダを選択します。
    フォルダを選択している画像
  4. アプリを追加するをクリックします。
    アプリを追加するボタンが赤枠で囲まれた画像
  5. ユーザーテンプレートをクリックします。
    ステータス管理アプリを作成するボタンが赤枠で囲まれた画像
  6. 追加するアプリのテンプレートの、アプリを作成するをクリックします。
    テンプレートからアプリを作成している画像
  7. アプリ名、アプリの作成先、アプリのメモを設定し、アプリを作成するをクリックします。
    基本情報を設定している画像
    アプリの作成に成功すると、追加したアプリの画面が表示されます。
    アプリの設定を変更する場合は、カスタムアプリの設定を参照してください。