通常アプリの作成

ステータス管理機能を無効にした、通常アプリを作成する手順を説明します。
データの入力フォームや見せかたなど、アプリの設定をすべて手動で指定します。
通常アプリは、レコードに処理者を設定できません。
  1. アプリを設計します。
    次の内容を書き出しておくと、アプリをスムーズに作成できます。
    • アプリでどのようなデータを管理するか
    • データの入力欄にどのような項目が必要か
  2. カスタムアプリをクリックします。
  3. フォルダツリーで、アプリの作成先のフォルダを選択します。
    フォルダを選択している画像
  4. アプリを追加するをクリックします。
    アプリを追加するボタンが赤枠で囲まれた画像
  5. 新規に作成するをクリックします。
    新規に作成するボタンが赤枠で囲まれた画像
  6. アプリの基本情報を設定します。
    基本情報を設定している画像
    • アプリの基本情報:
      • アプリ名:
        アプリの名前を入力します。ただし、次の名前は使用できません。
        • 「位置」で選択するフォルダに存在するアプリと同じ名前
        • 「位置」で選択するフォルダのサブフォルダと同じ名前
      • 位置:
        手順3で選択したフォルダが表示されています。変更もできます。
      • 登録データ名:
        アプリに登録するデータの名称を設定します。メニューで「(直接入力)」を選択すると、任意の文字列を指定できます。初期設定では「レコード」です。
      • 運用管理者:
        アクセス権や更新通知の設定など、アプリを管理するユーザーを設定します。
      • メモ:
        アプリの説明や使い方などを入力します。入力したメモはアプリ一覧画面で、アプリ名の下に表示されます。
      • ステータス管理機能:
        チェックボックスが選択されていないことを確認します。
  7. 設定内容を確認し、次に、項目を設定するをクリックします。
  8. データの入力フォームの項目を設定します。
    項目を増やす場合は、項目を追加するをクリックします。
    項目を設定している画像
    各項目の設定の詳細は、レコード項目の設定を参照してください。
  9. 項目の設定を確認し、アプリを作成するをクリックします。
  10. アプリの作成が完了したことを確認します。
    続けてアプリのアイコン、デザイン、およびアクセス権を設定する場合は 初期設定を行うを、設定を終了する場合は一覧画面を表示するをクリックします。
    アプリの作成完了画面の画像
  11. 手順10で初期設定を行うをクリックした場合、アイコン、デザイン、およびアクセス権を設定します。
    1. アプリのアイコンとデザインを設定し、次に、アクセス権を設定するをクリックします。
      アクセス権を設定しない場合は、設定を完了するをクリックします。この場合、手順2の操作は不要です。
      アイコンとデザインの設定は、次のページを参照してください。
      アプリのアイコンの設定
      アプリのデザインの設定
    2. ユーザーやグループに対して、許可する操作を設定します。
      アクセス権の設定は、カスタムアプリのアクセス権を参照してください。
    3. 設定内容を確認し、設定を完了するをクリックします。
      次の画面が表示されます。
      アプリの作成完了画面の画像
    アイコンやアクセス権以外の設定については、カスタムアプリの設定を参照してください。
補足
  • 手順8で、「メニュー(文字列)」、「メニュー(ユーザー)」、「ラジオボタン」の項目を追加すると、初期設定完了後に項目の詳細を入力する画面が表示されます。 設定するをクリックし、項目の詳細を設定します。
    項目の設定を変更している画像