DBMファイルからのアプリの作成

DBMファイルを読み込んで、アプリを作成します。
DBMファイルとは?
DBMファイルは、サイボウズ Office独自のファイル形式です。
DBMファイルにはレコードの内容と、更新通知や絞込といったアプリの設定内容を保存できます。既存のアプリを複製して新しいアプリを作成する場合は、DBMファイルを使用するとかんたんに作成できます。
デヂエをお使いの場合、ライブラリから書き出したDBMファイルを、サイボウズ Officeのカスタムアプリでも利用できます。ただし、デヂエのライブラリの設定はカスタムアプリに読み込めません。デヂエのDBMファイルをアプリに読み込む場合は、ライブラリのレコードデータだけが読み込まれます。

操作の前に確認すること

DBMファイルを読み込む前に、読み込み可能なファイルの拡張子やデータなどの注意点を確認します。

DBMファイルの準備について

DBMファイルは、ユーザーが手動で作成できません。
作成済みのアプリや、デヂエのライブラリから書き出したDBMファイルを書き出して準備します。

DBMファイルの拡張子について

書き出し元の製品やバージョンによって、書き出されるDBMファイルの拡張子は異なります。
書き出し元の製品と書き出されるDBMファイルの拡張子は、次のとおりです。
書き出し元 書き出されるファイルの拡張子
デヂエ 8 .dbm
パッケージ版サイボウズ Office 9.2.1以前 .dbmx
パッケージ版サイボウズ Office 9.3.0以降 .dbmz
クラウド版サイボウズ Office .dbmz

DBMファイルから読み込めるデータ

サイボウズ Officeでは、すべての拡張子のDBMファイルを読み込めます。
ただし、拡張子の種類によって、読み込めるデータは異なります。
拡張子が「.dbmz」(同じ環境から出力しているファイル)の場合
同じ環境から出力しているDBMファイルの拡張子が「.dbmz」の場合は、アプリの設定とレコードデータが読み込まれます。
ただし、運用管理者の設定は、[全員]にリセットされます。
読み込まれるアプリの設定は、次のとおりです。
  • ステータス管理のメンバー
  • 処理履歴
  • アプリのアイコン
    ただし、次の両方の条件を満たすDBMファイルを読み込むと、アプリのアイコンの設定がリセットされます。
    • 2013年4月のアップデートより前に作成したアプリである。
    • 2013年4月のアップデート以降、アプリのアイコンを変更していない。
  • ユーザーやグループに対するアクセス権
  • 「メニュー(ユーザー)」項目の値
  • リレーションやルックアップの設定
  • 更新通知の設定
  • リマインダー通知
  • 最初に選択されるビューの設定
  • メール読み込みの設定
  • アプリ間レコードコピーの設定
  • 「データ参照(アドレス帳)」項目および「データ参照(ファイル管理)」項目の値
  • リアクション機能の設定
  • 「カウントボタン」項目の値
拡張子が「.dbmz」(異なる環境から出力しているファイル)の場合
  • 異なる環境から出力しているDBMファイルは、保持する内部データが異なるため、アプリの設定に関するデータは読み込めません。運用管理者の設定も[全員]にリセットされます。
    レコードデータは読み込まれます。
  • アプリのアイコンとアプリのデザインは読み込まれます。
    ただし、次の両方の条件を満たすDBMファイルを読み込むと、アプリのアイコンの設定がリセットされます。
    • 2013年4月のアップデートより前に作成したアプリである。
    • 2013年4月のアップデート以降、アプリのアイコンを変更していない。
拡張子が「.dbm」または「.dbmx」の場合
  • DBMファイルの拡張子が、「.dbm」または「.dbmx」の場合は、レコードデータのみ読み込まれます。
    ただし、テンプレートの場合、レコードデータは含まれません。
  • アプリの設定は読み込まれません。運用管理者の設定も[全員]にリセットされます。

DBMファイルを読み込む

DBMファイルを読み込んで、アプリを作成します。
作成したアプリには、DBMファイルに保存されているアプリの設定や、レコードデータが反映されます。
  1. アプリを作成するためのDBMファイルを作成します。
    DBMファイルは、サイボウズ Officeのアプリや、デヂエのライブラリから書き出して作成します。
  2. カスタムアプリをクリックします。
  3. フォルダツリーで、アプリの作成先のフォルダを選択します。
    フォルダを選択している画像
  4. アプリを追加するをクリックします。
    アプリを追加するボタンが赤枠で囲まれた画像
  5. ファイルから作成するDBMファイル(*.dbmz、*.dbmx、*.dbm)から作成するをクリックします。
    ファイルから作成するメニューが開いた画像
  6. DBMファイルを選択し、次に、内容を確認するをクリックします。
    次のファイルを選択した場合は、エラーが表示される場合があります。
    • 書き出した.dbmzファイルを解凍し、データを編集した後、再度.dbmzに圧縮しているファイル
    • 破損している.dbmzファイル
  7. 確認画面で、アプリを作成するをクリックします。
    アプリを作成するボタンが赤枠で囲まれた画像
    アプリの作成に成功すると、追加したアプリの画面が表示されます。
    DBMファイルからアプリを作成すると、運用管理者の設定が無効になります。
    アプリの運用管理者の変更を参照して、作成したアプリで再設定を行ってください。
    その他の無効になる設定については、DBMファイルから読み込めるデータを参照してください。
    通知の設定など、アプリの設定を変更する場合は、カスタムアプリの設定を参照してください。

アプリ名に数字が表示されるときは

DBMファイルから作成したアプリの名前の右横に、数字が表示された場合の対応を説明します。
アプリ名に数字が表示されている画像
アプリ名の右横の数字は、次の場合に表示されます。
  • 新規のアプリを作成したフォルダの中に、同じアプリ名のアプリが存在する。
  • アプリを作成したフォルダと、作成したアプリの名前が同じである。

アプリ名の横に数字が表示された場合は、新規に作成したアプリの名前を変更し、既存のアプリやフォルダの名前と重複しないようにしてください。