宛先指定機能の使いかた

宛先指定機能の使い方を説明します。
宛先指定機能は、書き込まれたコメントが誰に宛てたものかを明確にする機能です。宛先以外のユーザーには通知されないという機能ではありません。
宛先に指定されたユーザーには、通常の更新通知に加えて、宛先指定されたことを知らせる通知が最新情報パーツに表示されます。
宛先指定機能を利用できるアプリケーション
次のアプリケーションのコメント欄で利用できます。
  • メッセージ
  • スケジュール
  • 掲示板
  • 報告書
  • プロジェクト
  • カスタムアプリ
宛先指定機能の利用イメージ
宛先指定機能は、次のような場合に使用すると便利です。
  • 更新通知が多く、通知が埋もれがちなユーザーに、優先的にコメントを読んでもらいたい。
  • 通知を解除している、または通知の対象外であるユーザーにもコメントを読んでもらいたい。
宛先指定機能のイメージ

宛先を指定する

コメントの宛先を指定します。
指定した宛先は「@: ユーザー名」と表示されます。「○○さん」といった敬称は表示されません。
  1. 宛先指定機能を利用できるアプリケーションのコメント欄を表示します。
  2. [@宛先指定]をクリックし、入力欄を表示します。
    宛先指定機能のパーツを説明している画像
  3. 入力欄にユーザー名を入力し、宛先を指定します。
    宛先として指定するユーザーを選択している画像
    次のユーザー情報の一部を入力すると、最近使用した宛先が候補の上位に表示されます。
    • 名前
    • よみ
    • ログイン名
    補足
    • 宛先候補に表示されるユーザーと宛先に指定できるユーザーは、アプリケーションごとに異なります。
      アプリケーション 宛先候補に表示されるユーザー 宛先に指定できるユーザー
      メッセージ すべてのユーザー メッセージを削除していない、かつメッセージの宛先または差出人であるユーザー
      スケジュール スケジュールの使用を許可されているユーザー
      • 公開されている予定の場合:
        予定の参加者と施設のどちらかに対してアクセス権があるユーザー
      • 非公開の予定の場合:
        予定の参加者に設定されているユーザー
      掲示板 掲示板の使用を許可されているユーザー 掲示板が使用でき、かつ掲示のカテゴリにアクセス権があるユーザー
      報告書 報告書の使用を許可されているユーザー
      • 公開されている報告書の場合:
        報告書を使用できるユーザー
      • 非公開の報告書の場合:
        報告書の参加者、または通知先に含まれるユーザー
      プロジェクト プロジェクトの使用を許可されているユーザー
      • 公開されているプロジェクトの場合:
        プロジェクトを使用できるユーザー
      • 非公開のプロジェクトの場合:
        プロジェクトの登録者、またはプロジェクトのメンバーに含まれているユーザー
      カスタムアプリ カスタムアプリの使用を許可されているユーザー カスタムアプリが使用でき、かつアプリやレコードのアクセス権があるユーザー
  4. 指定した宛先や表示順を確認します。
    指定した宛先を確認している画像
    宛先の表示順は、ドラッグアンドドロップで変更できます。
    宛先の表示順を変更している画像
  5. コメントを入力し、書き込むをクリックします。

宛先指定に失敗する場合

宛先を正しく指定していなかった場合や、データを閲覧できないユーザーを宛先に指定した場合は、エラーメッセージが表示されます。
表示されるエラーメッセージを確認し、再度、正しい宛先を指定してください。
宛先を正しく指定していなかった場合
宛先指定では、入力した文字を基に表示されるユーザー名のラベル(例:)を指定する必要があります。ユーザー名のラベルを正しく指定していないと、赤色で表示され、宛先として指定されません。
宛先が正しく指定されていない画像
宛先を正しく指定していない状態でコメントを書き込もうとすると、エラー(エラー番号:13984)が表示されます。
エラー番号13984の画像
データに対するアクセス権がないユーザーを宛先に指定した場合
エラー(エラー番号:13983)が発生する条件は、次のとおりです。
アプリケーション 宛先に指定するとエラーが発生するユーザー
メッセージ
  • メッセージの宛先に含まれない、かつ、差出人ではないユーザー
  • メッセージを完全に削除、または、ごみ箱に移動しているユーザー
    受信箱、送信箱、ユーザーが作成したフォルダのいずれにも該当のメッセージが存在していないユーザーです。
スケジュール
  • 予定を閲覧できないユーザー
掲示板
  • 掲示を閲覧できないユーザー
    掲示開始待ちの掲示の場合、閲覧できるのは差出人だけです。そのため、掲示開始待ちの掲示で、差出人以外のユーザーを宛先に指定してコメントを書き込むとエラーが発生します。
報告書
  • 非公開の報告書で、報告書の参加者または通知先に含まれていないユーザー
プロジェクト
  • 非公開のプロジェクトで、プロジェクトの登録者またはプロジェクトのメンバーに含まれていないユーザー
カスタムアプリ
  • アプリやレコードを閲覧できないユーザー
エラー番号13983の画像

宛先指定された通知を確認する

自分の名前が宛先指定されると、トップページの「お知らせ」欄に通知されます。メール通知はされません。
  • 「お知らせ」欄での通知仕様:
    • 自分の名前が宛先に指定されている通知である。
      ユーザー自身が自分への宛先指定をした通知は対象外です。
    • 未読通知である。
    • 1つのデータに、自分の名前が複数回指定されていても、1件として通知される。
      カスタムアプリの場合例:
      • 1つのレコードで、自分への宛先指定が5回ある場合: 1件として通知されます。
      • 3つのレコードで、自分への宛先指定が各2回ある場合: 3件として通知されます。
  1. トップページをクリックします。
  2. 「お知らせ」欄で、宛先指定された通知が ○ 件をクリックします。
  3. 自分への宛先指定の通知を確認します。
    自分宛ての通知を確認している画像
    宛先を指定してコメントを書き込むことで、宛先に指定されたユーザーが自分宛ての通知だけを絞り込んで一覧で確認できるようになります。
    通知の見かたの詳細は、次のページを参照してください。
    未読一覧の確認
    既読一覧の確認
補足
  • 宛先指定を利用すると、各アプリケーションの通知欄にも通知が表示されます。
    各アプリケーションの通知の見出しは、次のとおりです。
    • メッセージ、掲示板、報告書、およびプロジェクトの通知の見出しは、標題です。
    • スケジュールの通知の見出しは、予定のタイトルです。
    • カスタムアプリの通知の見出しは、レコード番号です。ユーザーが任意の項目に変更することはできません。
    通知欄のイメージ
  • 宛先指定の既読通知を確認する方法は、次のページを参照してください。
    既読一覧の確認を参照してください。