決裁経路の設定

最終的に申請を承認するステップと、最終承認者を設定します。
決裁経路は、承認経路が設定されていなくても、申請フォームの初期値として必ず表示されます。
決裁経路の設定を促す画像
注意
  • 最終承認者は1人のみ設定できます。

  • 決裁経路は削除できません。

  • 決裁経路は省略できません。必ず設定する必要があります。
    決裁経路が未設定の場合、ユーザーが申請フォームを選択する際に「申請フォーム名(申請経路が未設定)」と表示され、ユーザーは使用できません。
    決裁経路が未設定の場合の画像
  1. ワークフローをクリックします。
  2. 運用管理をクリックします。
  3. 申請フォームの設定をクリックします。
  4. 経路を設定する申請フォームの変更するをクリックします。
  5. 「承認経路」セクションの決裁経路を設定する、または変更するをクリックします。
    決裁経路を設定する操作リンクが表示された画像
    サンプルデータなど、すでに決裁経路が設定されている場合は、次のように表示されます。
    決裁経路を変更する操作リンクが表示された画像
  6. 必要な項目を設定し、設定するまたは変更するをクリックします。
    決裁経路の変更画面の画像
    決裁経路の設定項目
    項目 説明
    役割 ステップに設定する最終承認者の役職や担当業務を選択します。
    役割は、別途設定しておく必要があります。
    詳細は、役割の設定を参照してください。
    処理者の初期値 ユーザーが申請データを作成する際に、初期値として表示する処理者を選択します。
    この初期値を、申請者が変更できないようにするには、「申請時に、申請者による処理者の変更を許可しない」を選択します。
    初期値を設定しない場合は空欄にします。
  7. 「申請経路」セクションのプレビューを見るをクリックし、表示を確認します。
    プレビューを見る操作リンクが赤枠で囲まれた画像