管理者による申請の経路変更

誤った経路が設定されている場合や、処理者が不在で処理が進まない場合などに、経路や処理者を変更できます。
申請フォームを管理する運用管理者のみが、その申請フォームを使用して作成された申請データの経路を変更できます。
補足
  • 申請内容自体は変更できません。

  • 申請データの状況が「進行中」と「決裁」の場合のみ、経路を変更できます。

  • 経路変更は、システム管理者によって許可されている場合に操作できます。

  1. ワークフローをクリックします。
  2. 運用管理をクリックします。
  3. 申請データの管理をクリックします。
  4. 申請フォームを選択し、経路を変更する申請データの標題をクリックします。
    経路を変更する申請データを選択している画像
  5. 経路を変更するをクリックします。
    経路を変更する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
    リンクが表示されていない場合は、経路変更が許可されていません。
    システム管理者に、ユーザーの権限の変更を依頼してください。
    詳細は、申請後の経路変更の許可を参照してください。
  6. 処理者を変更する場合は処理者を変更するを、確認者を追加する場合は 確認者を追加するをクリックします。
    経路の変更画面の画像
  7. 正しい処理者、または、追加する確認者を選択し、入力をクリックします。
    確認者の変更画面の画像
  8. 必要に応じてコメントを入力し、変更するをクリックします。
    処理者が変更された画像
  9. 経路変更履歴をクリックし、変更履歴を確認します。
    経路変更履歴を確認している画像
    処理者が変更された申請データが、ユーザー画面でどのように表示されるかについては、処理者が変更された場合の対処を参照してください。