申請フォームの追加

運用管理者が申請フォームを追加し、名前や申請フォームを分類するカテゴリなどを設定します。
申請フォームを作成できるのは、運用管理者だけです。
  1. 役割の設定が完了していることを確認します。
    詳細は、役割の設定を参照してください。
  2. ワークフローをクリックします。
  3. 運用管理をクリックします。
  4. 申請フォームの設定をクリックします。
  5. 追加するをクリックします。
  6. 申請フォーム名や説明など、基本情報を入力します。
    基本情報を入力している画像
    補足
    • 申請フォーム は、追加するをクリックした時点でユーザーに公開されます。
      申請項目や経路の設定が完了するまでは、ユーザーが誤って利用しないように、申請フォームが利用できないことを名前やメモ欄に記載しておくことを推奨します。
      メモ欄の入力例の画像
  7. 入力内容を確認し、追加するをクリックします。
    追加した申請フォームは、「申請フォームの設定」画面の一覧の末尾に追加されます。
    表示順を変更する場合は、「申請フォームの設定」画面で順番変更するをクリックします。
    手順7の直後は、申請フォームの変更画面が表示されます。
    この時点では、「申請フォーム情報」セクションのみ設定が完了しています。
    申請フォームの変更画面の画像
  8. 申請項目を設定します。
    1. 「項目一覧」セクションの 追加するをクリックします。
      追加する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
    2. 必要な項目を設定し、追加するをクリックします。
      申請項目の入力タイプの種類や設定項目の説明は、申請項目の種類を参照してください。
    3. 「項目一覧」セクションで、申請項目の表示や順番を確認します。
      • プレビューを見る
        申請項目の表示をプレビューで確認できます。
      • 順番変更する
        申請項目の順番を変更できます。

      申請項目の詳細は、申請項目の操作を参照してください。
    申請項目の設定が完了すると、次のように表示されます。
    項目の設定が完了したイメージ
  9. 申請経路を設定します。
    各経路の用途は異なります。申請経路は、決裁経路→承認経路→確認経路の順に設定する必要があります。
    設定手順は次のページを参照してください。
    承認経路の設定
    決裁経路の設定
    確認経路の設定

    申請経路の設定が完了すると、次のように表示されます。
    経路の設定が完了したイメージ
  10. 申請フォームの表示を確認します。
    ユーザー画面でテスト申請を作成し、項目の表示や経路の設定に問題がないことを確認します。
  11. ユーザーに申請フォームの利用開始を連絡します。
    掲示板やメッセージを使って連絡すると便利です。