ワークフローの特徴

申請から処理までのイメージや、操作できることなど、ワークフローの特徴を説明します。

申請の処理のイメージ

ユーザーの申請は、次の流れで処理されます。
ユーザー申請の流れ

各ユーザーができる操作

ワークフローは、ユーザーの権限によって操作できる内容が異なります。
ワークフローの使用を開始するには、ユーザーの権限と運用管理者の設定、申請フォーム、申請経路、および役割の設定が最低限必要です。
システム管理者 運用管理者 一般ユーザー
ユーザーの権限設定 申請フォームの設定1 申請の作成
運用管理者の設定 申請経路の設定 申請の処理
申請フォームのカテゴリ設定 役割の設定 申請の検索
申請データの一括削除 申請データの管理 申請の印刷 など
その他設定    

1 :運用管理権限を持つカテゴリにのみ、申請フォームを作成できます。

利用を開始するまでの流れは、ワークフローの準備の流れを参照してください。

ワークフローの用語

ワークフローでは、次の用語を使用します。
申請
用語 説明
申請フォーム 申請内容の入力フォームです。申請フォームは運用管理者が管理します。
申請データ ユーザーが提出した申請のデータです。1回の申請につき、1件の申請データが作成されます。
経路
用語 説明
申請経路 申請の承認から確認までの順路の総称です。
承認経路と決裁経路、確認経路で構成されます。
承認経路 申請データを承認する経路です。
決裁経路 申請データを最終的に決裁する経路です。
確認経路 決裁された申請データを確認する経路です。
経路ステップ 承認や確認を行う工程です。承認者や確認者の人数を増やす場合は、経路ステップを追加します。
ユーザー
用語 説明
申請者 申請を提出したユーザーです。
処理者 申請データを処理するユーザーです。承認者、決裁者、確認者の総称です。
承認者 申請データを承認するユーザーです。決裁の前の経路ステップに設定できます。
決裁者 申請データを決裁するユーザーです。
確認者 決裁されたあとに、確認のみできる経路ステップに設定されたユーザーです。決裁が下りた申請内容を確認します。
代理確認者 本来の確認者が不在の場合に、代理で申請を確認するユーザーです。運用管理者のみ、処理者の代理で申請を確認できます。
処理
用語 説明
状況 申請データの処理状況です。申請者や処理者の操作によって変化します。
差し戻し 申請内容の不備や再考が必要な場合に、申請者に対して、申請をやり直させることを指します。承認者と決裁者のみ操作可能です。
差し戻された時点では、申請は終了していません。申請者が申請データを修正し、再申請すると、その申請データは最初の経路ステップから処理されます。
取り消し 申請者が、申請を撤回することを指します。申請を取り消した時点で、処理が終了します。決裁者が申請データを決裁していない場合に、申請を取り消せます。