ワークフロー

ワークフローは、業務に必要な決裁や承認までの処理をWebブラウザー上で行うアプリケーションです。
申請データには、内容に応じたレポートライン(経路)を設定できるだけでなく、誰がどのような処理をしているか履歴が残ります。
ワークフローでは、ユーザーの権限によって作業が異なります。
  • システム管理者:
    ユーザーがワークフローを使用するために必要な機能を設定します。
  • 運用管理者:
    業務に合わせて申請フォームを準備します。
  • ユーザー:
    申請フォームを使って申請します。

管理者マニュアルでは、システム管理者や運用管理者が行う、ワークフローの管理に必要な機能や設定について説明します。

ワークフローの有効化

ワークフローを使用するには、システム設定でワークフローを有効にする必要があります。
ワークフローを有効にすると、ユーザー画面のアプリケーションメニューにワークフローが表示されます。
ワークフローを有効にするには、サイボウズ Office全体でワークフローを有効にしたあと、特定のユーザーにワークフローの使用を許可します。
注意
  • ワークフローを無効にする場合
    ワークフローを無効にすると、ワークフローに登録済みのデータは非表示になります。削除はされません。
    ワークフローを再度有効にすると、登録済みのデータが表示されます。
使用するアプリケーションの設定
サイボウズ Office全体で、ワークフローが有効になっていることを確認します。
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. 「基本設定」セクションの使用するアプリケーションをクリックします。
  4. 「ワークフロー」が選択されていることを確認し、設定するをクリックします。
    ワークフローを使用停止にする場合は、選択を外します。
個人に許可するアプリケーション
ワークフローを利用するユーザーに、ワークフローの使用が許可されていることを確認します。
「使用するアプリケーションの設定」で無効に設定されているアプリケーションは、「個人に許可するアプリケーション」に表示されません。
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  4. 「カスタマイズ」セクションの個人に許可するアプリケーションをクリックします。
  5. ワークフローの使用を許可するユーザーの、設定するをクリックします。
  6. 「ワークフロー」を選択し、設定するをクリックします。
    ユーザーの利用を禁止する場合は、選択を外します。