CSVファイルへのタイムカードデータの書き出し

最長2年分のタイムカードデータをCSVファイルに書き出せます。バックアップデータとして保管できます。
  1. CSVファイルで管理できる項目を確認します。
    CSVファイルへ書き出される項目については、タイムカードのCSVフォーマットを参照してください。
  2. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  3. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  4. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  5. 「各アプリケーション」セクションのタイムカードをクリックします。
  6. CSVファイルへの書き出しをクリックします。
  7. 画面右側のユーザー一覧からユーザーを選択し、追加をクリックします。
    削除する場合は、画面左側の書き出すユーザーのリストから項目を選択し、削除をクリックします。
    複数のユーザーを指定して書き出すと、ユーザーごとにタイムカードデータが出力されます。
  8. 書き出す期間を指定します。
    CSVファイルへの書き出しで設定できる期間は、2年以内です。
    2年を超えた期間を設定して[書き出す]をクリックすると、「エラー番号:10411」が表示されます。
    エラーが表示された場合は、書き出す期間を2年以内に変更して、再度書き出してください。
  9. CSVファイルの1行目に項目名を書き出す場合は、「先頭行に項目名を書き出す」のチェックボックスを選択します。
  10. CSVファイルの文字コードを、ドロップダウンリストから選択します。
    選択できる文字コードは、次のとおりです。
    • シフトJIS
    • UTF-8(BOMなし)
    • UTF-8(BOMあり)
    CSVファイルへの書き出し画面の画像
  11. 設定内容を確認し、書き出すをクリックします。
  12. Webブラウザーのファイル保存機能を使って、ファイルを保存します。
補足
  • 手順4で、タイムカードの管理をクリックし、「タイムカードの管理」画面や「ユーザーのタイムカード」画面から、CSVファイルへ書き出すをクリックしても、「CSVファイルへの書き出し(タイムカード)」画面を表示できます。
    • 「タイムカードの管理」画面
      CSVファイルへ書き出す操作リンクを赤枠で囲んだ画像
    • システム設定の「ユーザーのタイムカード」画面
      CSVファイルへ書き出す操作リンクを赤枠で囲んだ画像