在席確認

電話メモ(在席確認)は、次の2種類の機能を有するアプリケーションです。
  • 電話メモ
    ユーザー宛てに電話の伝言や用件を登録できる機能です。
  • 在席確認
    在席中や外出中など、ユーザーの在席情報を確認できる機能です。

ここでは、システム設定画面で行う在席確認の設定について説明します。

在席確認の有効化

在席確認を使用するには、システム設定で電話メモ(在席確認)を有効にする必要があります。
電話メモ(在席確認)を有効にすると、ユーザー画面のアプリケーションメニューに電話メモ(在席確認)が表示されます。
電話メモ(在席確認)を有効にするには、サイボウズ Office全体で電話メモ(在席確認)を有効にしたあと、特定のユーザーに電話メモ(在席確認)の使用を許可します。
注意
  • 電話メモ(在席確認)機能を無効にする場合
    機能を無効にすると、電話メモ(在席確認)に登録済みのデータは非表示になります。削除はされません。
    電話メモ(在席確認)を再度有効にすると、登録済みのデータが表示されます。
使用するアプリケーションの設定
サイボウズ Office全体で、電話メモ(在席確認)が有効になっていることを確認します。
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. 「基本」セクションの使用するアプリケーションをクリックします。
  4. 「電話メモ(在席確認)」が選択されていることを確認し、設定するをクリックします。
    電話メモ(在席確認)を使用しない場合は、選択を外します。
個人に許可するアプリケーション
電話メモ(在席確認)を利用するユーザーに、電話メモ(在席確認)の使用が許可されていることを確認します。
「使用するアプリケーションの設定」で無効に設定されているアプリケーションは、「個人に許可するアプリケーション」に表示されません。
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  4. 「カスタマイズ」セクションの個人に許可するアプリケーションをクリックします。
  5. 電話メモ(在席確認)の使用を許可するユーザーの設定するをクリックします。
  6. 「電話メモ(在席確認)」を選択し、設定するをクリックします。
    ユーザーの利用を禁止する場合は、選択を外します。