迷惑メールの振り分け条件の初期値

サイボウズ Officeのメールでは、迷惑メールの拒否設定を、システム管理者側とユーザー側で設定できます。
システム管理者側では、迷惑メールとして振り分けるメールの初期条件を設定します。設定した条件は、ユーザーの「迷惑メール」の振り分け保存に反映されます。 ユーザー側では、「迷惑メール」の振り分け保存に反映された条件を、各ユーザーの用途にあった条件にカスタマイズします。

管理者マニュアルでは、迷惑メールとして振り分けるメールの初期条件の設定手順を説明します。
  1. .ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  4. 「各アプリケーション」セクションのメールをクリックします。
  5. 迷惑メールの振り分け保存をクリックします。
  6. 迷惑メールに振り分ける条件を設定します。
    条件には、メールヘッダーに含まれるキーワードを設定します。
    振り分け条件を説明する番号付き画像
    振り分け条件の設定項目
    番号 説明
    1 (メールヘッダー):
    FromやSubjectなどのメールヘッダー項目を入力します。
    2 テキスト欄:
    迷惑メールに含まれている文字列をキーワードとして入力します。100文字まで入力できます。
    3 条件の指定方法:
    ドロップダウンリストから条件の指定方法を選択します。
    • を含む
    • を含まない
    • と同じ
    • と異なる
    • で始まる
  7. 設定内容を確認し、設定するをクリックします。
    設定した条件は、ユーザーの「迷惑メール」の振り分け保存に反映されます。
    ただし、設定した条件の詳細はユーザー画面に表示されません。