メール機能の有効化/無効化

メール機能を有効にする方法とメール機能を無効にした場合の影響について説明します。

メール機能の有効化

メールを使用するには、システム設定でメールを有効にする必要があります。
メールを有効にすると、ユーザー画面のアプリケーションメニューにが表示されます。
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. 「基本設定」セクションの使用するアプリケーションをクリックします。
  4. 「メール」が選択されていることを確認し、設定するをクリックします。
    メールを使用しない場合は、選択を外します。

メール機能を無効にした際の影響

メール機能を無効にすると、操作リンクや設定項目に影響があります。
注意
  • メール機能を無効にする場合
    機能を無効にすると、メールに登録済みのデータは非表示になります。削除はされません。
    メールを再度有効にすると、登録済みのデータが表示されます。

メールの画面に表示されなくなる操作リンク

メール機能を無効にすると、メールの画面に表示されなくなる操作リンクは、次のとおりです。
  • メモをメールとして送信する
    メモをメールで送る操作リンクが非表示になる比較画像
  • 予定をメールとして送信する
    予定をメールで送る操作リンクが非表示になる比較画像
  • 連携システムからの通知をメールとして受信する
    新着メールを受信するボタンが非表示になる比較画像  

個人設定に表示されなくなる設定項目

メール機能を無効にすると、個人設定に表示されなくなる設定項目は、次のとおりです。
ただし、「ケータイのログインURLの送信」および「電話メモのメール通知の設定項目」は、システムメールアカウントを使用する設定の場合、メール機能が無効でも表示されます。
  • メール
    メールが非表示になる比較画像
  • ケータイのログインURLの送信
    ログインURLの操作リンクが非表示になる比較画像
  • 電話メモのメール通知の設定項目
    電話メモのメール通知の設定項目が非表示になる比較画像