バージョン管理の有効化

バージョン管理機能をユーザー側で利用可能にするかどうかを設定します。
  • バージョン管理機能とは?
    バージョン管理機能は、現在から指定する時点までの更新ファイルを保持する機能です。
    更新したファイルが壊れていた場合や、誤ったファイルで更新した場合に、指定する過去のバージョンのファイルと置き換えることができるため、操作ミスによるファイルの紛失を防げます。
    バージョン管理で保持するファイルは、世代単位(現在からいくつ前のデータであるか)で設定します。実際に設定する世代数は、各ユーザーがファイルを登録する際に設定します。
    たとえば、バージョン管理を2世代にすると、「現在/現在から1つ前/現在から2つ前」の更新ファイルをファイル管理で保持できます。
    新たにファイルが更新されると、指定した世代を超える古いファイルは削除されます。
    バージョン管理を2世代に設定する場合の例:
    バージョン管理のイメージ
  • バージョン管理機能が有効な場合に操作できること
    • 保持している過去のファイルの閲覧
    • 保持している過去のファイルのダウンロード
    • 保持している過去のファイルを、最新のファイルとして更新
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  4. 「各アプリケーション」セクションのファイル管理をクリックします。
  5. 一般設定をクリックします。
  6. 「使用する機能」セクションで、「バージョン管理機能を使用する」を選択し、設定するをクリックします。
    バージョン管理機能を無効にする場合は、「バージョン管理機能を使用する」の選択を外します。