カスタムアプリのフォルダのアクセス権

作成済みのフォルダごとにアクセス権を設定して、フォルダ内のアプリを利用できるユーザーを制限できます。
フォルダが作成された直後は、カスタムアプリのすべての利用ユーザーがフォルダにアクセスできるように設定されています。
フォルダのアクセス権は、アプリのアクセス権よりも優先されます。
フォルダで利用を制限されたユーザーは、アプリの利用権限の有無にかかわらず、フォルダ内のアプリをすべて利用できなくなります。
補足
  • 親フォルダのアクセス権の設定は、子フォルダにも引き継がれます。
次のユーザーのみ「人事部」フォルダを利用できるよう、アクセス権を設定する場合を例に説明します。
  • 人事部グループのすべてのメンバー
  • 情報システム部の佐藤 昇さん
  1. 「人事部」フォルダが作成されていることを確認します。
    作成済みのフォルダは、アプリケーションメニューでカスタムアプリをクリックすると確認できます。
    フォルダの作成が許可されている場合は、フォルダを追加するが表示されます。
    人事部フォルダが作成済みの画像
  2. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  3. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  4. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  5. 「各アプリケーション」セクションのカスタムアプリをクリックします。
  6. アクセス権(フォルダ)をクリックします。
  7. 「人事部」フォルダのアクセス権を変更するをクリックします。
    アクセス権を変更する操作リンクが赤枠で囲まれた画像
  8. 「利用可能なユーザー/グループ」から、[全員]を削除します。
    画面左側の設定欄で「[全員]」を選択し、削除をクリックします。
    全員を削除している画像
  9. 画面右側のドロップダウンリストから「人事部」を選択し、追加をクリックします。
    人事部を追加している画像
  10. 検索した佐藤昇さんを選択し、追加をクリックします。
    佐藤昇さんを追加している画像
  11. 設定を確認し、変更するをクリックします。
    フォルダのアクセス権を付与する対象を選択した画像