ブックの運用管理

ブックの運用管理について説明します。
運用管理者ができること
運用管理者は、システム管理者が作成したブックにアドレスデータを読み込んだり、アドレスデータの絞込を作成したりできるユーザーです。ブックごとに設定できます。
ブックで設定できること
共有アドレス帳と、任意で作成されたブックでは、設定できる権限が異なります。
  • 共有アドレス帳
    運用管理者を設定できます。
    ただし、アクセス権は設定できません。
    アクセス権を設定できない代わりに、人名データの公開・非公開を登録時に選択できます。
    詳細は、人名データの公開方法の初期値を設定する方法を参照してください。
  • 作成されたブック
    ブックごとに、運用管理者およびアクセス権を設定できます。
各ユーザーが操作できること
システム管理者 運用管理者 ユーザー
公開方法の初期値の設定
ブックの設定
アドレス帳のひな型の設定
アドレスデータの一括削除
アドレスデータの読み込みや書き出し
絞込の設定
アドレスデータの一括削除
アドレスデータの閲覧
アドレスデータの登録/編集/削除など

運用管理者を設定する

運用管理者は、システム管理者がブックの運用を譲渡するユーザーです。ブックごとに設定します。
運用管理者は、CSVファイルでアドレスデータを管理したり、絞込みを設定したりできます。

共有アドレス帳の場合

共有アドレス帳の運用管理者を設定します。
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  4. 「各アプリケーション」セクションのアドレス帳をクリックします。
  5. ブックの管理をクリックします。
  6. 運用管理者を変更するをクリックします。
  7. 「ユーザー一覧」で運用管理者に設定するユーザーを選択し、追加をクリックします。
    ユーザーを運用管理から外す場合は、「運用管理者」で目的のユーザーを選択し、削除をクリックします。
  8. 登録するをクリックします。

ブックの場合

ブックごとに運用管理者を設定します。
運用管理者は、ブック内のデータの操作がすべて許可されている必要があります。
ブックのアクセス権を確認してから、運用管理者を設定します。
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  4. 「各アプリケーション」セクションのアドレス帳をクリックします。
  5. ブックの管理をクリックします。
  6. 運用管理者を設定するブックのアクセス権と運用管理者を変更するをクリックします。
  7. 「アクセス権」セクションで、運用管理者に設定するユーザーの、「閲覧・変更・作成・削除が可能」が選択されて いることを確認します。
  8. 「運用管理者」セクションで、「特定のユーザーを指定する」を選択します。
  9. 「ユーザー一覧」で運用管理者に設定するユーザーを選択し、追加をクリックします。
    ユーザーを運用管理から外す場合は、「運用管理者」で目的のユーザーを選択し、削除をクリックします。
  10. 変更するをクリックします。

運用管理画面にアクセスする

運用管理画面にアクセスできるリンクは、運用管理権限を持つブックを選択した場合に表示されます。
運用管理権限を持たないブックを選択すると、リンクがグレーで表示され、操作できない状態になります。
  1. ユーザー画面で、アドレス帳をクリックします。
  2. 運用管理画面にアクセスしたいブックを選択し、運用管理をクリックします。
    運用管理の操作リンクが赤枠で囲まれた画像
    運用管理が表示されていない場合は、選択したブックの運用管理者に設定されていません。