JavaScriptファイルを使ったカスタマイズ

作成したJavaScriptファイルを、サイボウズ Officeに読み込んで画面をカスタマイズできます。
次の用途に利用できます。
  • 画面の表示のカスタマイズ
  • お客様が独自に利用する画面の作成

ただし、次の画面にはJavaScriptファイルは適用されません。

  • システム設定画面
  • 個人設定画面
  • 運用管理画面
  • KUNAIの画面(スマートフォン)
注意
  • 弊社では、カスタマイズにより発生する、性能への影響やいかなる結果についても責任を負いません。
    JavaScriptファイルの読み込みによるカスタマイズは、お客様の判断と責任の下に実行してください。
    また、カスタマイズされた機能に関しては、サポート対象外とさせていただくことをご了承ください。
    詳細については、cybozu.com サービスご利用規約を参照してください。
  • 弊社では有償無償に関わらず、カスタマイズサービスを承っておりません。ご了承ください。
  • JavaScriptファイルの読み込みによるカスタマイズの結果、cybozu.com サービスに著しい負荷や障害等が発生した場合、弊社は、本機能およびサイボウズ Office クラウド版の提供を一時停止することがあります。
    カスタマイズ時の注意点をよくご理解の上、万全の準備をしてから、JavaScriptファイルを設定してください。
  • サイボウズ Officeが更新されると、読み込んでいたJavaScriptが無効になる場合があります。
    サイボウズ Officeの更新後は動作を確認し、必要に応じて再度JavaScriptファイルを読み込んでください。

画面の表示をカスタマイズする

JavaScriptファイルを使って、サイボウズ Officeの画面の表示をカスタマイズできます。
例えば、ボタンの色を変更したり、ドロップダウンメニューに表示する項目を追加したりできます。
  1. JavaScriptファイルを用意します。

    お客様自身で準備します。

  2. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  3. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  4. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  5. 「カスタマイズ」セクションのJavaScriptファイルの設定をクリックします。
  6. JavaScriptファイルを選択します。
    読み込めるファイル形式はjsのみです。
  7. JavaScriptファイルの設定を適用する対象を選択します。
    • すべてのユーザー
    • システム管理者のみ
    • 適用しない
      読み込んでいるJavaScriptファイルの適用を一時的に無効にします。
  8. 注意事項を確認し、設定するをクリックします。

独自に利用する画面を作成する

サイボウズ Officeが用意している空ページ(CustomSpace)に、JavaScriptファイルを適用し、お客様が独自に利用する画面を作成できます。
補足
  • JavaScriptファイル内で適用範囲を指定すれば、「画面の表示のカスタマイズ」と「独自に利用する画面の作成」の両方を実行できます。
  1. 空ページに適用するJavaScriptファイルを用意します。

    お客様自身で準備します。

    • 空ページのアクセスURL:
      https://(サブドメイン名).cybozu.com/o/ag.cgi?page=CustomSpace
    • 空ページにHello Worldを追加するサンプルプログラム例:
      $(document).ready(function() {
        if (CustomizeJS.page === 'CustomSpace') {
          $('#customizeMain').append($('<p>Hello World</p>'));
        }
      });
  2. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  3. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  4. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  5. 「カスタマイズ」セクションのJavaScriptファイルの設定をクリックします。
  6. 空ページに適用するJavaScriptファイルを選択します。
    読み込めるファイル形式はjsのみです。
  7. JavaScriptファイルを適用する対象に「システム管理者」を選択します。
  8. 注意事項を確認し、設定するをクリックします。
  9. 空ページにアクセスし、JavaScriptファイルが適用されていることを確認します。
    表示に問題があれば、JavaScriptファイルを修正します。
  10. ユーザーに、どの画面表示のURLを案内するかを選択します。
    「&mode=1」や「&mode=2」をアクセスURLにつけると、表示項目を変更できます。
    空ページのアクセスURL 表示されるパーツ
    https://(サブドメイン名).cybozu.com/o/ag.cgi?page=CustomSpace
    • ヘッダー
    • アプリケーションメニュー
    • フッター
    https://(サブドメイン名).cybozu.com/o/ag.cgi?page=CustomSpace&mode=1
    • ヘッダー
    • フッター
    https://(サブドメイン名).cybozu.com/o/ag.cgi?page=CustomSpace&mode=2
    • フッター
  11. 「システム設定」画面で、JavaScriptファイルの設定をクリックします。
  12. JavaScriptファイルの設定を適用する対象に「すべてのユーザー」を選択します。
  13. 注意事項を確認し、設定するをクリックします。
  14. 手順10で選択したアクセスURLをユーザーに連絡します。

適用中のファイルを取得する

サイボウズ Officeに読み込んでいるJavaScriptファイルをダウンロードします。
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  4. 「カスタマイズ」セクションのJavaScriptファイルの設定をクリックします。
  5. JavaScriptファイル名をクリックします。
  6. Webブラウザーの機能を使用して、ファイルを保存します。

適用中のファイルを削除する

サイボウズ Officeに読み込んでいるJavaScriptファイルを削除し、カスタマイズ前の画面に戻します。

  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  4. 「カスタマイズ」セクションのJavaScriptファイルの設定をクリックします。
  5. 削除するJavaScriptファイル名の下の「削除する」を選択し、設定するをクリックします。
    ファイルを削除している画像