システムメールアカウントを使う機能の設定

システムメールアカウントを使用する機能には、大きく分けて「メール通知機能」と「メール送信機能」があります。
システムメールアカウントを使用する機能を設定する画面の画像
メール通知を設定すると、アプリケーションの更新通知をメールで受信したり、指定するメールアドレスで更新通知を受信したりできます。
ユーザーがメール通知を利用するには、あらかじめシステム管理者が、どの操作でメール通知の利用を許可するかを指定する必要があります。
ユーザーは、システム管理者が許可した操作の中から、メール通知を受信する操作を選択します。

システムメールアカウントを、どの操作で使用するかを設定します。
  1. ヘッダーの右側の歯車アイコンをクリックします。
  2. [サイボウズ Officeシステム設定]をクリックします。
    ヘッダーの画像
  3. [+]詳細設定を開くをクリックします。
  4. 「運用管理」セクションのシステムメールアカウントをクリックします。
  5. 使用する機能をクリックします。
  6. システムメールアカウントを使用するメール通知の種類を選択します。
    アプリケーションに応じて、メール通知を利用開始できるまでの手順が異なります。
    詳細は、メール通知を利用できるまでの流れを参照してください。
  7. システムメールアカウントを使用するメール送信の種類を、次の中から選択します。
    • ケータイのログインURL送信に使用する
      • 項目を選択する場合:
        メールの送信元には、システムメールアカウントが使用されます。
        システム管理者が、ケータイのログインURLをケータイの利用ユーザー全員に一括送信する場合は、必ず項目を選択する必要があります。
      • 項目を選択しない場合:
        メール通知の送信元には、各ユーザーのメールアカウントが表示されます。
  8. 設定内容を確認し、設定するをクリックします。
  9. 手順6でメール通知の設定をした場合は、どのメールアドレスでメール通知を受信するかの設定をユーザーに依頼します。
    詳細は、通知対象と通知先を設定する方法を参照してください。