cybozu.com ヘルプ

Microsoft Flowを使った外部サービスとの連携を許可する

Microsoft Flowとの連携をユーザーに許可できます。
Microsoft Flowは、kintone、SharePoint、Dropbox、Slack、メール、Excelなど多数のサービスをユーザーが好きな形で連携させることができるWebサービスです。Microsoft Flowを使うと、Microsoft Flowが対応するこれらのサービスとkintoneを連携できます。
認証にはOAuthを使用します。そのため、Microsoft Flowや連携先のサービスにcybozu.comのログイン名やパスワードを入力することなく、セキュアに連携できます。


kintoneに登録されたデータを連携するサービスに反映することも、連携するサービスに登録されたデータをkintoneに反映することも、どちらも可能です。
例)
  • Outlookなどのメールクライアントでメールを受信したら、kintoneに通知する
  • kintoneのアプリにレコードが登録されたら、Google Calendarに予定として登録する
  • 外部サービスとの連携は、kintoneのみ対応しています。

Microsoft Flowを使った連携を許可するには

  1. Click to zoom this image
    「cybozu.com共通管理」画面の「システム管理」の、[外部連携サービス]をクリックします。
  2. Click to zoom this image
    Microsoft Flowを[有効]にし、[連携利用ユーザーの設定]をクリックします。
  3. Click to zoom this image
    [連携利用ユーザーの設定]画面で、外部連携サービスの利用を許可するユーザーにチェックを入れます。
    組織を選択してユーザーを絞り込んだり、ユーザー検索パーツで検索したりできます。 
  4. Click to zoom this image
    [保存]をクリックします。
cybozu.com共通画面での設定は、これで完了です。続けて、Microsoft Flowで、kintoneとWebサービスとの連携を設定します。設定例は次のページで紹介しています。
Microsoft Flowとkintoneを連携する(kintoneユーザーヘルプ)
Office 365(Azure含む)(cybozu developer network)
  • cybozu.com共通管理者は、ユーザー情報の編集画面で、ユーザーが利用中の外部連携サービスを確認できます。