利用を許可するアプリケーションを設定する

組織、ユーザー、またはロールごとに利用を許可するアプリケーションを設定します。
1人のユーザーに対して複数の対象が設定されている場合、ユーザーは、いずれかの対象で許可されているアプリケーションを利用できます。
利用を許可されていないアプリケーションは、ユーザー画面に表示されません。また、スケジュールやメッセージなどの利用を許可されていないユーザーは、参加者や宛先に指定できません。

利用ユーザーを設定できるアプリケーション

アプリケーション 利用許可の設定 説明
スペース
リンク集
スケジュール
メッセージ
掲示板
ファイル管理
電話メモ
タイムカード
アドレス帳 利用を許可されていないユーザーの画面には、アドレス帳の[ユーザー名簿] が表示されません。ただし、スケジュールやメッセージなどでユーザーを選択する場合は、ユーザー情報が表示されます。
メール
ワークフロー
マルチレポート
ケータイ ユーザーがケータイの使用を開始する前に、準備が必要です。
ポータル × 利用を許可されていないアプリケーションのポートレットは、ポータルに表示されません。
メモ ×
ToDoリスト ×
ネット連携サービス × ネット連携サービスを利用するには、サービスの設定が必要です。
RSSリーダー ×
在席確認 ×
お気に入り ×
通知一覧 × 利用を許可されていないアプリケーションの通知は、通知一覧に表示されません。
KUNAI × 「使用権限の設定」で、ユーザーごとにKUNAIで使用できるアプリケーションを設定します。
リアクション ×

○:設定可能

×:設定不可

Tip
  • 利用を許可していないアプリケーションは、アイコンがグレー表示されます。
    スペースの例:
  • メッセージの送信者や掲示の最終更新者などがアプリケーションの利用を停止されると、そのユーザーのユーザーアイコンは、に変わります。

初期設定で使用停止に設定されているアプリケーション

Garoonをバージョンアップすると、ワークフロー、マルチレポート、およびリアクションが使用停止に設定される場合があります。必要に応じて各アプリケーションを使用開始に設定します。

使用停止になる条件は次のとおりです。
  • ワークフロー:
    バージョン 2.1.0より前から2.1.0以降のGaroonにバージョンアップした
  • マルチレポート:
    バージョン 3.0.0より前から3.0.0以降のGaroonにバージョンアップした
  • リアクション:
    バージョン 4.0.0より前から4.0.0以降のGaroonにバージョンアップした

アプリケーションの運用例

利用ユーザーの設定方法によって、次のようにGaroonを運用できます。
例1:正社員にだけ、アドレス帳とメールの使用を許可する
正社員:すべてのアプリケーションの利用を許可する。
非正社員:アドレス帳とメールの利用を禁止する。
利用を許可する
アプリケーション
対象
ロール「正社員」 ロール「Everyone」
スペース
リンク集
スケジュール
メッセージ
掲示板
ファイル管理
電話メモ
タイムカード
アドレス帳 ×
メール ×
ワークフロー
マルチレポート
ケータイ

○:利用可能

×:利用不可

例2:情報システム部だけで、スペースやメッセージを試験運用する
情報システム部に所属するユーザー:すべてのアプリケーションの利用を許可する。
情報システム部に所属していないユーザー:スペースとメッセージの利用を禁止する。
利用を許可する
アプリケーション
対象
ロール「Everyone」 組織「情報システム部」
スペース ×
リンク集
スケジュール
メッセージ ×
掲示板
ファイル管理
電話メモ
タイムカード
アドレス帳
メール
ワークフロー
マルチレポート
ケータイ

○:利用可能

×:利用不可

例3:グループ会社で1つのGaroonを使用し、利用するアプリケーションを各社に指定する
A社:すべてのアプリケーションを利用する。
B社:スケジュールと掲示板だけを利用する。
利用を許可する
アプリケーション
対象
組織「A社」 組織「B社」
スペース ×
リンク集 ×
スケジュール
メッセージ ×
掲示板
ファイル管理 ×
電話メモ ×
タイムカード ×
アドレス帳 ×
メール ×
ワークフロー ×
マルチレポート ×
ケータイ ×

○:利用可能

×:利用不可

利用ユーザーを追加する

組織、ユーザー、またはロールを追加し、利用を許可するアプリケーションを設定します。
使用停止中のアプリケーションは表示されません。
操作手順:
  1. [基本システムの管理] > [アプリケーション] > [アプリケーション一覧]の順にクリックし、利用を許可するアプリケーションが使用開始になっていることを確認します。
  1. [基本システムの管理] > [アプリケーション] > [利用ユーザーの設定] の順にクリックします。
    利用ユーザーを追加する
  1. [追加する] をクリックします。
    利用ユーザーを追加する
  1. 設定対象の組織、ユーザー、またはロールを選択し、 [↓追加] をクリックします。
    利用ユーザーを追加する
  1. 利用を許可するアプリケーションのチェックボックスを選択し、 [追加する] をクリックします。

利用を許可するアプリケーションを変更する

対象ごとに設定されている、利用を許可するアプリケーションを変更します。
操作手順:
  1. [基本システムの管理] > [アプリケーション] > [利用ユーザーの設定] の順にクリックします。
    利用を許可するアプリケーションを変更する
  1. 設定を変更する対象の [変更] をクリックします。
  1. 「利用を許可するアプリケーションの変更」画面で、利用を許可するアプリケーションを変更し、[変更する] をクリックします。

利用ユーザーを削除する

利用ユーザーに設定されている組織、ユーザー、またはロールを削除します。
削除された対象は、利用を許可されていたアプリケーションを使用できなくなります。
操作手順:
  1. [基本システムの管理] > [アプリケーション] > [利用ユーザーの設定] の順にクリックします。
    利用ユーザーを削除する
  1. 削除する組織、ユーザー、またはロールのチェックボックスを選択し、[削除する] をクリックします。
    [すべて削除] をクリックすると、設定されているすべての利用ユーザーを削除できます。
  1. 確認画面で[はい] をクリックします。
    削除を中止する場合は[いいえ] をクリックします。
ページトップへ戻る