パスワードのセキュリティを向上させる

パスワードに使用できる文字や、パスワードの有効期間などを設定します。
パスワードに制限を設定すると、パスワードが強固になり、セキュリティの向上が見込めます。
操作手順:
  1. [基本システムの管理] > [ユーザー] > [パスワードの制限] の順にクリックします。
    「パスワードの制限」画面
  1. 必要な項目を設定し、 [設定する] をクリックします。
Tip
  • 認証データベースにLDAP を使用したり、環境変数認証を使用したりする場合、パスワードの有効期限の設定は無効になります。
パスワードの制限
次の項目を設定します。
項目 説明
個人設定でのパスワード変更 ユーザーにパスワードの変更を許可するかどうかを設定します。
空パスワードでのログイン パスワードが未入力でもログインを許可するかどうかを設定します。
パスワードの長さ パスワードの最少文字数を指定します。
パスワードの上限は64文字です。
パスワードの有効期限 次のどちらかを設定します。
  • 無制限:
    同じパスワードを無期限で使用できます。
  • 1~999日:
    整数で指定します。有効期間を指定すると、期間の終了後にパスワードの変更が必要になります。
有効期限の通知 有効期限をユーザーに通知しない、または有効期限の何日前から通知するかを設定します。
次のどちらかを設定します。
  • 通知しない
  • 1~999日前から通知する:
    整数で指定します。

有効期限の通知の例:

有効期限の通知の例
入力文字の制限 入力文字の制限を設定して、悪意のある第三者が推察し難いパスワードを設定できるようにします。
設定できる項目は、次のとおりです。
  • 半角文字を含める
  • 半角文字に、大文字と小文字を混在させる
  • アラビア数字を含める
  • 特殊文字を含める
    使用できる特殊文字は次のとおりです。
    ` ~ ! @ # $ % ^ & * ( ) _ + - = { } | [ ] \ : " ; ' < > ? , . /
  • ログイン名と名前を含めない
ページトップへ戻る