CSVファイルを使ったデータ管理

次のデータをCSVファイルで管理できます。
  • 組織
    • 組織情報
    • 組織の所属ユーザー
    • 組織名
  • ユーザー
    • ユーザー情報
    • ユーザーの所属組織
    • ユーザーの所持ロール
  • ロール
    • ロール情報
    • ロールの所持ユーザー

CSVファイルからデータを読み込む

組織、ユーザー、およびロールのデータをCSVファイルから読み込みます。
CSVファイルの読み込み中にエラーが発生した場合、読み込みが中止されます。途中まで読み込まれた内容はガルーンに反映されません。
Caution
  • CSVファイルから組織データを読み込む場合、登録済みの組織がCSVファイルの現組織コードに記載されていないと、その組織は削除されます。
Tip
  • 運用環境に未反映の事前設定がある場合、次のデータはCSVファイルから読み込めません。
操作手順:
  1. 次のページを参照し、データを読み込むためのCSVファイルを作成します。

    CSVファイルのフォーマット:ユーザー

  1. [基本システムの管理] > [ユーザー] > [CSVファイルからの読み込み] の順にクリックします。
  1. 読み込むデータを選択します。
    ユーザー情報を読み込む場合の例:
  1. 必要な項目を設定し、 [次へ>>] をクリックします。
    • ファイル:
      CSVファイルを選択します。
    • 文字コード:
      CSVファイルのデータをエンコードする文字コードを選択します。
      選択できる文字コードは次のとおりです。
      • ユニコード(UTF-8)
      • 日本語(シフトJIS)ASCII
      • Latin1(ISO-8859-1)
      • 簡体字中国語(GB2312)
      • タイ語(TIS-620)
    • 先頭行をスキップする:
      先頭行に、項目名やコメントなどデータ以外の情報が記述されている場合は、「はい」を選択します。

    ユーザー情報を読み込む場合は、次の項目も設定します。
    • CSVファイルのフォーマット:
      バージョン3.0以前のフォーマットを使用するかどうかを選択します。
      バージョン3.0以前のガルーンのフォーマットを使用すると、ローカライズに関する情報を読み込めません。
  1. CSVファイルの内容を確認し、 [読み込む] をクリックします。

CSVファイルにデータを書き出す

組織、ユーザー、およびロールのデータをCSVファイルに書き出します。
操作手順:
  1. [基本システムの管理] > [ユーザー] > [CSVファイルへの書き出し] の順にクリックします。
  1. 書き出すデータを選択します。
    ユーザー情報を書き出す場合の例:
  1. 必要な項目を設定し、 [書き出す] をクリックします。
    • 文字コード:
      エンコードに使用する文字コードを選択します。
      選択できる文字コードは次のとおりです。
      • ユニコード(UTF-8)
      • 日本語(シフトJIS)ASCII
      • Latin1(ISO-8859-1)
      • 簡体字中国語(GB2312)
      • タイ語(TIS-620)
    • 先頭行に項目名を書き出す:
      「はい」を選択すると、CSVファイルの先頭行に項目名が書き出されます。
    • 書き出す言語:
      組織名を書き出す場合に表示されます。
      選択した言語で、組織名がCSVファイルに書き出されます。
      選択できる言語は次のとおりです。
      • すべて
      • 日本語
      • English
      • 中文(简体)
    • CSVファイルのフォーマット:
      ユーザー情報を書き出す場合に表示されます。
      バージョン3.0以前のガルーンのフォーマットを使用するかどうかを選択します。
      バージョン3.0以前のフォーマットでは、ローカライズに関する情報は書き出されません。
  1. ファイルを保存します。
ページトップへ戻る