電話メモの権限を管理する

1人のユーザーの電話メモに対し、複数のアクセス権を設定できます。
  • 組織としてのアクセス権
  • 組織の所属ユーザーとしてのアクセス権
  • ロールとしてのアクセス権

組織、ユーザー、またはロールごとに、次の権限を設定します。
  • 閲覧権限
  • 登録権限

電話メモの権限は、セキュリティモデルによって異なります。
初期設定では、セキュリティモデルには「制限の対象を選択する」が設定されます。
また、すべてのユーザーに、電話メモの閲覧と登録が許可されています。
1人のユーザーに対し、所属する組織やロールなどで異なるアクセス権を設定した場合、優先される権限が異なります。
詳細は次のページを参照してください。

「電話メモ」にアクセス権を設定する

組織、ユーザー、ロールの電話メモに対して、組織、ユーザー、ロール単位でアクセス権を設定します。
セキュリティモデルが「GRANT(許可の対象を選択する)」の状態で、組織単位で電話メモの閲覧を許可する場合を例に説明します。
操作手順:
  1. [各アプリケーションの管理] > [電話メモ] > [アクセス権の設定] の順にクリックします。
  1. アクセス権を設定する組織、ユーザー、またはロールを選択します。
    セキュリティモデルの選択
  1. セキュリティモデルが「GRANT(許可の対象を選択する)」になっていることを確認します。
    セキュリティモデルが「REVOKE(制限の対象を選択する)」の場合は、 [変更] をクリックして、GRANTに変更します。
    「アクセス権の一覧」画面
  1. 「アクセス権の一覧」画面で、 [追加する] をクリックします。
    「アクセス権の追加」画面
  1. 「アクセス権の追加」画面で、組織、ユーザー、またはロールを選択し、 [↓追加] をクリックします。
    ロールを選択するには、 [ロール] タブで表示を切り替えます。
    [↓追加] をクリックしたあとにタブをクリックすると、表示を切り替える前に選択した組織、ユーザー、またはロールの選択が解除されます。
    「追加する状態」の選択
  1. 「追加する状態」で、「閲覧」のチェックボックスを選択し、 [追加する] をクリックします。
  1. 「アクセス権の一覧」画面で、設定が反映されていることを確認します。

アクセス権の組み合わせ

ユーザーに操作を許可または禁止するために設定するアクセス権は、次のとおりです。
セキュリティモデルがGRANT(許可の対象を選択する)の場合
ユーザーに許可する操作 追加する状態
電話メモの閲覧 電話メモの登録
すべての操作
電話メモの閲覧 ×
電話メモの登録 ×

○:許可する

×:許可しない

すべての操作を禁止する場合は、そのユーザーを許可する対象から削除します。
また、閲覧と登録の両方ともチェックボックスの選択を外しても、許可する対象から削除されます。
セキュリティモデルがREVOKE(制限の対象を選択する)の場合
ユーザーに禁止する操作 追加する状態
電話メモの閲覧 電話メモの登録
すべての操作 × ×
電話メモの閲覧 ×
電話メモの登録 ×

○:許可する

×:許可しない

すべての操作を許可する場合は、そのユーザーを制限の対象から削除します。
また、閲覧と登録の両方ともチェックボックスを選択しても、制限の対象から削除されます。

ユーザーAが保持するアクセス権の例:

ユーザーAが保持するアクセス権の例

a):ユーザー「高橋健太」の電話メモの登録と閲覧ができる。

b):ユーザー「和田和夫」の電話メモを登録できないが、閲覧できる。

c):ユーザー「本吉麻珠」の電話メモを登録できるが閲覧できない。

d):ユーザー「藤井かなこ」の電話メモの登録と閲覧ができない。

Tip
  • 1人のユーザーの電話メモに対して、ユーザーと、そのユーザーの所属組織または所属ロールのアクセス権が設定されている場合は、ユーザーのアクセス権が優先されます。

アクセス権を変更する

設定されている電話メモのアクセス権を変更します。
操作手順:
  1. [各アプリケーションの管理] > [電話メモ] > [アクセス権の設定] の順にクリックします。
  1. アクセス権を変更する組織、ユーザー、またはロールを選択します。
    「アクセス権の一覧」画面
  1. 「アクセス権の一覧」画面で、変更するアクセス権の [変更] をクリックします。
  1. 「アクセス権の変更」画面で、アクセス権を変更し、 [変更する] をクリックします。

アクセス権を削除する

設定されている電話メモのアクセス権を削除します。
アクセス権をすべて削除した場合、ユーザーが操作できる機能が次のように変わります。
  • セキュリティモデルがGRANT(許可の対象を選択する)の場合:
    すべてのユーザーの電話メモの閲覧と登録ができなくなります。
  • セキュリティモデルがREVOKE(制限の対象を選択する)の場合:
    すべてのユーザーの電話メモの閲覧と登録ができるようになります。
操作手順:
  1. [各アプリケーションの管理] > [電話メモ] > [アクセス権の設定] の順にクリックします。
  1. アクセス権を削除する組織、ユーザー、またはロールを選択します。
    「アクセス権の一覧」画面
  1. 「アクセス権の一覧」画面で、削除するアクセス権のチェックボックスを選択し、 [削除する] をクリックします。
    追加した対象をすべて削除する場合は、 [すべて削除] をクリックします。
  1. 確認画面で、 [はい] をクリックします。
    削除を中止する場合は、 [いいえ] をクリックします。
ページトップへ戻る