システムメールアカウントを設定する

Garoonがメール通知を送信する際に使用する、システムメールアカウントを設定します。
システムメールアカウントとは
システムメールアカウントは、電話メモのメール転送やワークフローのメール通知などに使用されるメールアドレスです。システムメールアカウントを設定すれば、メール機能が有効かどうかにかかわらず、システムメールを送信できます。

次の機能を利用するためには、システムメールアカウントを設定する必要があります。
  • スケジュールの予定通知のメール転送:
    予定が登録、または更新されたときに送信される通知を、ユーザーが指定したメールアドレスに転送します。
  • 電話メモのメール転送:
    電話メモが登録されたときに送信される通知を、ユーザーが指定したメールアドレスに転送します。
  • ワークフローのメール通知:
    ワークフローの通知を、ユーザーが指定したメールアドレスに送信します。
補足
  • cybozu.com共通管理の監査ログのメール通知には、Garoonのシステムメールアカウントは使用できません。監査ログのメール通知を受信するには、cybozu.com共通管理のシステムメールを設定します。
    詳細は、システムメールの設定方法を参照してください。
操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。
  1. [Garoonシステム管理]をクリックします。
  1. 「基本システムの管理」タブを選択します。
  1. [外部サーバー]をクリックします。
  1. [システムメールアカウントの設定]をクリックします。
  1. 「システムメールアカウントの設定」画面で、「システムメールアカウント」の「使用する」を選択します。
    [使用する]が選択された画像 Click to zoom this image
  1. 組み込みメールサーバーを使用するかどうかを選択します。
    [組み込みメールサーバーを使用する]が選択された画像 Click to zoom this image
    • 組み込みメールサーバーとは
      組み込みメールサーバーは、cybozu.comが提供している送信専用のメールサーバーです。
      初期設定では、「組み込みメールサーバーを使用する」のチェックボックスが選択されています。
      特別な事情がなければ、組み込みメールサーバーを使用してください。
    • 組み込みメールサーバーを利用する場合に確認しておくこと
      組み込みメールサーバーから送信されるメールの通信内容は暗号化されません。
      暗号化が必要な場合は、「組み込みメールサーバーを使用しない」を選択してください。
    • 組み込みメールサーバーを使用しない場合
      組み込みメールサーバーを使用しない場合は、別途メールサーバーが必要です。ほかのメールサーバーを使用する場合は、チェックボックスの選択を外し、送信メールサーバーの情報を設定します。
  1. システムメールアドレスを入力します。
    • 組み込みメールサーバーを使用する場合
      システムメールアドレスを入力する必要はありません。手順10に進みます。
      システムメールアドレスは「no-reply@cybozu.com」に固定されるため、変更できません。
      組み込みメールサーバーを使用する場合の画面例 Click to zoom this image
    • 組み込みメールサーバーを使用しない場合
      「メールサーバー」の「組み込みメールサーバーを使用する」のチェックボックスの選択を外すと、システムメールアカウントの入力欄が表示されます。
      組み込みメールサーバーを使用しない場合の画面例 Click to zoom this image
  1. 組み込みメールサーバーを使用しない場合のみメールサーバーの情報を入力します。
    「システムメールアカウントの設定」画面 Click to zoom this image

    メールサーバーに関する設定項目:

    項目 説明
    送信メールサーバー名(SMTP)1 送信メールサーバーの名前を入力します。
    例: sample.cybozu.com
    送信メールサーバーポート番号 送信メールサーバーが通信に使用するポートの番号を、半角の数字で入力します。
    暗号化通信 メールサーバーとの通信を暗号化する場合は、通信方法に合わせて次のどちらかを選択します。
    • SSL/TLSを使用する:SSL/TLSを使用する場合に選択します。
    • STARTTLSを使用する:STARTTLSを使用する場合に選択します。
    タイムアウトまでの時間 メールサーバーからの応答を何秒まで待つかを設定します。
    SMTP認証方法 SMTP認証を使用する場合に、認証方法を設定します。
    認証方法を選択すると、送信用のアカウントとパスワードの入力欄が表示されます。
    次の認証方法を使用できます。
    • PLAIN
    • LOGIN
    • CRAM-MD5
    • DIGEST-MD5

    1:送信メールのプロトコルにはSMTPを使用します。

  1. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。

組み込みメールサーバーを使用する場合の注意

組み込みメールサーバーを使用する場合、個人設定のメール転送やメール通知に設定するメールアドレスに注意が必要です。
ユーザーがメール転送やメール通知を利用する場合は、ドメインを明記したメールアドレスを通知先に指定する必要がある旨を連絡してください。
メール通知の送信先に、次のメールアドレスを指定した場合は、メール通知は送信されません。
  • ドメインなしのメールアドレス
  • ドメインに「localhost」や「localdomain」を指定するメールアドレス
    例:
    test@localhost
    test@localdomain
    test@xxx.localdomain
メール通知の送信先に複数のメールアドレスを設定した場合の例
メールの通知先に次のメールアドレスを指定していた場合、メール通知は、ドメインが明記されたメールアドレスにのみ送信されます。
通知先に指定したメールアドレス メール通知の送信可否
test1@cybozu.test.co.jp 送信される
test3@cybozu.test.co.jp 送信される
test4@localhost 送信されない
ユーザーに連絡すること
組み込みメールサーバーを使用してシステムメールアカウントを設定している場合は、次の機能を利用するユーザーに、ドメインを明記したメールアドレスを通知先に指定することを連絡してください。
  • スケジュールの予定通知のメール転送
  • 電話メモのメール転送
  • ワークフローのメール通知
ページトップへ戻る