カレンダーを管理する

組織やグループごとに異なるカレンダーを設定し、スケジュールやポートレットで使用します。

カレンダーの種類

カレンダーには、次の種類があります。
  • 標準のカレンダー:
    Garoonの初期設定で設定されているカレンダーです。初期状態では、イベントに日本の祝日が登録されています。
    システム管理者が「祝日」「就業日」および「メモ」(システムメモ)のイベントを追加できます。
  • システムカレンダー:
    基本システム管理者が作成するカレンダーです。「祝日」「就業日」および「メモ」(システムメモ)のイベントを登録できます。
  • Myカレンダー:
    カレンダーを作成したユーザー本人だけが使用できます。「記念日」「メモ」(ユーザーメモ)のイベントを登録できます。
補足
  • 初期設定の祝日は日本のカレンダーに基づいて設定されています。
  • スケジュールの「一般設定」画面で祝日を表示しない設定にすると、ユーザー画面に祝日が表示されません。
  • ユーザーは、自分が使用するカレンダーを個人設定で選択できます。

カレンダーを追加する

システムカレンダーを追加します。
操作手順:
  1. [基本システムの管理] > [カレンダー] > [カレンダーの設定]の順にクリックします。
  1. 「カレンダーの設定」画面で、[カレンダーを登録する]をクリックします。
    [カレンダーを登録する]が赤枠で囲まれた画像 Click to zoom this image
  1. 「カレンダーの登録」画面で、カレンダー名とカレンダーコードを入力し、[登録する]をクリックします。
    「カレンダーの登録」画面 Click to zoom this image
    • カレンダー名:
      カレンダーの表示名を入力します。
    • カレンダーコード:
      カレンダーを識別するためのコードです。ほかのカレンダーと異なるカレンダーコードを入力します。

祝日を取り込む

選択したカレンダーに、日本の祝日データを取り込みます。
すでに登録されている祝日と、日付、イベント内容、およびイベントタイプがすべて一致する祝日データは、読み込まれません。
操作手順:
  1. [基本システムの管理] > [カレンダー] > [カレンダーの設定]の順にクリックします。
  1. 「カレンダーの設定」画面で、祝日データを取り込むカレンダーを選択し、[日本の祝日データを取り込む]をクリックします。
    [日本の祝日データを取り込む]が赤枠で囲まれた画像 Click to zoom this image
    画面に、取り込んだ祝日が一覧で表示されます。

カレンダーの情報を変更する

カレンダー名やカレンダーコードを変更します。
操作手順:
  1. [基本システムの管理] > [カレンダー] > [カレンダーの設定]の順にクリックします。
  1. 「カレンダーの設定」画面で、カレンダー名やカレンダーコードを変更するカレンダーを選択し、[詳細]をクリックします。
    [詳細]が赤枠で囲まれた画像 Click to zoom this image
  1. 「カレンダーの詳細」画面で、[変更する]をクリックします。
    [変更する]が赤枠で囲まれた画像 Click to zoom this image
  1. 「カレンダー情報の変更」画面で、カレンダー名やカレンダーコードを変更し、[変更する]をクリックします。
補足
  • 「標準のカレンダー」のカレンダーの情報は変更できません。

カレンダーを削除する

Garoonの管理者が追加したカレンダーを削除します。
カレンダーを削除すると、カレンダーのイベントも削除されます。削除したカレンダーは元に戻せません。
ユーザーが使用中のカレンダーを削除した場合、そのユーザーには標準のカレンダーが適用されます。
「標準のカレンダー」は削除できません。
操作手順:
  1. [基本システムの管理] > [カレンダー] > [カレンダーの設定]の順にクリックします。
  1. 「カレンダーの設定」画面で、削除するカレンダーを選択し、[詳細]をクリックします。
    [詳細]が赤枠で囲まれた画像 Click to zoom this image
  1. 「カレンダーの詳細」画面で、[削除する]をクリックします。
    [削除する]が赤枠で囲まれた画像 Click to zoom this image
  1. 「カレンダーの削除」画面で、[はい]をクリックします。
ページトップへ戻る